世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

【旅ラン】ランナーは今すぐスマホに電子マネーを導入すべき

【iPhone用アップルペイがスタート】

2016年10月25日、遂にiPhoneで電子決済ができるサービス、「Apple Pay」が日本でもスタートしました。
正直Androidユーザーからすれば、今更感は拭えないのですが、
やはり国際標準のiPhoneで電子マネーや電子決済が可能となったインパクトは相当大きいと思います。
ということで、全国のiPhoneやApple Watchユーザー、そして電子マネーを使ったことがないというランナーに向け、少し電子マネーの魅力をお伝えしたいと思います。

【ランニングとの相性が抜群】

 コンビニか対応自動販売機がセーブポイントに

最近はどこのコンビニも電子マネーに対応しており、
さらにコカコーラ社の自動販売機にも電子マネー対応のものが急増しています。

「ノド渇いた!」と思った際にコンビニや自販機さえ探せば、iPhoneやスマホひとつでドリンクを買えるのはランナーにとって大きな救いとなります。
とりあえずEdyとiDを導入しておけば、たいていのコンビニはカバーできます。
ジャラジャラと小銭を持たずに物が買えるのは想像以上に楽であることを

ランニング後に買い物ができる

スマホさえ持って走れば、ランニングを終えた後にさっと買い物を終わらすことができるます。
わざわざ買い物に行くのが面倒臭い、ということがよくありますが、
これならひとっ走りした後、明日の朝食を買う、ということも可能です。
スーパーや薬局があとひと踏ん張り電子マネー対応をしてくれれば、ここの状況も大きく変わると思います。

「旅ラン」の魅力も

『モバイルSuica』や『モバイルIcoca』を使うことにより、
少し離れた駅で降り、そこから自宅に向かってランニングをする「プチ旅行ラン」もスマホやアイフォン一つで行うことができます。
マンネリ打破としても非常に有効かと思います。
特におすすめなのが、有名な観光地で下車し、そこから家までランニングをするということ。
夜の誰もいない観光地を走ったりすると、非日常感を味わうことができます。。
しんどくなれば、またスイカやイコカで電車に乗ればいいわけです。

注意点

深夜に走るランナーは注意してほしいのですが、

毎月第3水曜日午前2時から午前7時は、弊社サーバーの定期メンテナンスのため、インターネットでの楽天Edyのご利用ができなくなります。 ご不便をおかけ致しますが、あらかじめご了承ください。

上記のように楽天Edyには、ときたまシステムメンテナンスが行われることがあります。遠出する際、電子決済や電子マネーを過信しすぎると痛い目にあうことも、頭の片隅に置いていてください。

まとめ

僕はAndroidで電子マネーが導入されたときからずっと、
『Nike+ランニングアプリ』×『Edy』×『音楽プレーヤー』でランニングを楽しんでおります。
最近は『Google Music』や『Apple Music』など聴き放題サービスも増えてきているので、ランナーには本当に良い世の中になってきたな、と思う今日このごろです。

【Androidユーザーも期待】

サービスを開始したアップルペイ、今ネット上で話題になっている、ピコ太郎に『PPAP』のリズムで「アッポーペイ~」と歌わせればそこそこ流行る気がするのは僕だけでしょうか?
ブランド命のアップルは間違ってもそんな真似はやらないでしょうけども。
僕は上にも書いたようにアンドロイド端末を使っていますが、
電子マネー・電子決済業界がこの波に乗ってくれることを期待したいと思います。
みなさんもぜひ電子マネーを試してみてはいかがでしょうか?

ランナーにはBluetoothイヤホンもおすすめです。