読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Lifehack等についてお伝えします。

デンジャーマウスが関わった名曲7選【プロデュース】

音楽

【名プロデューサー:Danger Mouse】

"Prodced by DANGER MOUSE"の一文でアルバムを買わせるブランド力を持つ男、デンジャー・マウス。
今や、21世紀の洋楽界を引っ張る最重要プロデューサーと言えるでしょう。
 レッチリの新作が発売を記念し、今回デンジャーマウスが関わった代表曲についていくつかまとめてみました。

【デンジャー・マウスが関わる作品7選】

Danger Mouse-Encore

本国アメリカで名を広めたのは、
ビートルズの『ホワイトアルバム』と、Jay.Zの『ブラックアルバム』の音源をマッシュアップさせた『グレイアルバム』です。
ビートルズの「Glass Onion」とJay.Zのラップがうまい具合に噛み合っています。

Gorillaz-Feel Good Inc. 

世界だけでなく日本でもプロデューサーとしての名を轟かせたのはこの曲と言えるでしょう。BLURのボーカル、デーモン・アルバーンが創り上げた架空のバンド,
ゴリラズのアルバム『Demon Days』より。

メロウなメロディーとHIP-HOP、笑い声のサンプリングがが心地良く耳に響きます。
メロディーがしっかりしているので、HIP-HOPが苦手な方にも薦められます。
iPodのCMに使用されていたので、聞いたことがある方もいるはず。
サビの部分がU2の「Staring at the Sun」にそっくりなのはご愛嬌。  

Demon Days

Demon Days

Gnarls Barkley-Crazy

デンジャー・マウスとシー・ローによるのデュオ、ナールズ・バークレイ。
収録アルバムの『St.Elsewhere』はグラミーを受賞。
初めて聴き、一発で好きになりました。開始のボーカルからグイッと曲の世界観に引き込まれます。個人的は最もデンジャーマウスの魅力を感じられる1曲です。
ベースラインが素晴らしい。新しい曲なのですが、どこか懐かしさを含んだ気怠さ(謎表現)を感じます。

St Elsewhere

St Elsewhere


Norah Jones-Black

あのジャズの名門、ブルーノートレコードからデビューしたノラ・ジョーンズも
実はデンジャー・マウスによってプロデュースされた作品を出しております。
デビュー当時の「Don't Know Why」と比較するといかにスタイルが変化したかが伺えます。大人の渋みや深さが加わり、ノラ・ジョーンズのボーカルも艶を増しています。

Beck-Gamma Ray

Beckの異色作、『Modern Guilt』より。
何よりベースラインが見事。
所々サイケデリックなサンプリングやギターが挟まれ、単調になりがちなベース主体の曲が深みを増しています。2:04~のサイケ感がたまりません。
Beckは元々サンプリングを主体にした音作りを得意としていますので、デンジャーマウスとはまさに最高の組み合わせと言えるでしょう。
Beckは最近聞いてなかったのですが、久々に聞くと作り込みの凄さに圧倒されます。

U2-The Miracle

世界を代表するロックバンドU2の新作も、デンジャー・マウスが創り上げています。
iPhoneやiTunesを通して(無断)で配信され、世界を絶賛と困惑の渦に巻き込ませた『Song of Innocence』からの一曲。
こちらもAppleのCMにも使われたので、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
開始からバチを打ち鳴らす音・派手なコーラスワークで始まり、
ドラム、骨太なベース、ギターが一気に加わります。
50過ぎてもこんなパワフルな音楽できるのは流石U2と言ったところ。
音作りだけでなく歌詞も良いんですよね、この曲。
また別の機会に触れたいと思います。
U2が特に好きなので、長めに文を割きましたが、この辺で。

ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション

ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション

Red Hot Chili Peppers-Dark Necessities

6/17に発売されたレッチリことRed Hot Chili Peppersの新作『The Getaway』からの一曲「Dark Necessities」。新作の1stシングルとして発表された曲です。
開始からギターとピアノで徐々に盛り上がり、0:41~辺りから叩きつけるようなベースが加わります。
2:46~からピアノのソロがわずかにあり、リズム隊だけでなくピアノでクラシックなアプローチをする所がデンジャーマウスらしいです。
あとは4:02~のギターソロも聴きどころ。

GETAWAY

GETAWAY

【独特な音作り】

いかがだったでしょうか?
こうして聞き返してしてみると、
デンジャー・マウスの音作りは、

  • 全ての音に注意を向けさせる音作り
    画像で表現すると"コントラスト値を上げた”サウンドと言えます
  • HIP-HOPでの経験をもとにサンプリングを非常に効果的に取り入れている
  • 程良く気怠さを加えている

上記の傾向にあるのではないでしょうか。(個人の感想です)
デンジャーマウスを知らない方も、この機会にぜひ。