世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

米ディズニーランドのアバターエリアは2017年夏オープン予定

【パンドラの箱が開かれる時期は?】

アメリカ現地の11月19日、ウォルトディズニーパーク&リゾートの社長Bob Chapekが
現在建設中の映画『アバター』の世界観を元にした「パンドラ」の公開予定時期を発表しました。

Bob Chapekによると、アバターエリアは2017年の夏にオープンするとのこと。

元々ディズニーアニマルキングダムだったエリアを大きく改修している模様で、
アルファ・ケンタウリ系惑星のベースキャンプに繋がる入り口となる橋も既に架けられているようです。

詳しくは下記へ。

 ブースツアーの動画にてコンセプト模型のようなものも。
軽く見ただけでも、かなり広く気合が入っていることがうかがえます。

 

イメージ画像はこんな感じ。少しモンスターハンターの世界観を思い出しました。

また、「今までで最も大きいエリアになる」とされている「スターウォーズランド」も現在建設中であり、あと数年もすれば現在とは大きく見違えるようなディズニーランドになるのではないでしょうか。

【アバター2の公開も】

映画のように延期しないとよいのですが、公開が予定されている「アバター2」もあわせて楽しみです。
鮮やかな映像と独特の世界観により、3D映画普及に大きく貢献した「アバター」ですが、日本の東京ディズニーランド来る可能性があるのでしょうか。
ディズニーランドでもう一度あの「アバターショック」を体験してみたいものです。