世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

U2の最新ライブ『Joshua Tree Tour 2017』セットリストが凄い

【新曲を初披露】

2017年5月12日、カナダのバンクーバーで、
U2の最新ツアー『ヨシュアツリーツアー2017』の初日公演が行われました。
実際に行ったわけではないのですが、心待ちにしたツアーだったのでPeriscopeやYoutubeにあがっていた動画をみて一人で興奮していました。
セットリストや軽い感想を書いてみたいと思います。
※追記(2017.6.2):アルバム『ヨシュア・ツリー』の全曲感想を書いてみましたので併せてご覧ください。

【セットリスト@バンクーバー初日】

では早速、演奏された曲目から。

※ネタバレ注意:曲目をまだ見たくない方は下記ご注意ください

2017-05-12 バンクーバー公演 Setlist

Sunday Bloody Sunday
New Year's Day
A Sort Of Homecoming
MLK
Pride
Where The Streets Have No Name
I Still Haven't Found What I'm Looking For
With Or Without You
Bullet The Blue Sky
Running To Stand Still
Red Hill Mining Town
In God's Country
Trip Through Your Wires
One Tree Hill
Exit
Mothers Of The Disappeared + El Pueblo Vencera(不屈の民)

〈アンコール〉
Beautiful Day
Elevation
Ultraviolet
One
Miss Sarajevo
The Little Things That Give You Away(最新曲:初披露)

ドラムスのラリーが一人で入場。音漏れで報告されていたとおり、
アルバム『War』の「血の日曜日」からコンサートはスタート。かなり原曲に近いアレンジですね。前ツアー『Innocence + Experience Tour』のアレンジが個人的にいまいちだったので、元に戻って良かったです。

『焔』から「Pride」を含む3曲を演奏したのち、『The Joshua Tree』の全曲演奏へ。

「約束の地」は映画『魂の叫び』を彷彿とさせる、真っ赤なスクリーンの演出
四人がユッカの樹の元に集まるところはもうね・・。
Joshua Tree国立公園をドライブする映像もいいです。
途中でギターのハプニングが。アレンジもシンプルでしっかり曲に入り込めます。

「Bullet The Blue Sky」でも照明でギターのジ・エッジを照らす魂の叫びの再現が。
でも以前のトランプを批判するバージョンも見たかったですね。

Red Hill Mining Town「EXIT」は今の声量で通用するのか不安でしたが、思ったより様になっています。当時のライブで着ていたような帽子をかぶっての演奏。

 ラストの「Mothers Of The Disappearedもカットなしにフル演奏。あのジワジワ鳴りだすイントロも再現度高し。もうこのツアーを逃すと聞けなさそうですね。

アンコールも『Beautiful Day』から怒涛の名曲揃い。
「ワン」もしっかりやってますね。
ラストには初披露の最新曲The Little Things That Give You Away」を演奏。
全22曲を歌い上げるボノ。発生のきつい曲が多いにも関わらず頑張っています。

 

コンサート全体の流れとしては
アルバム『War』から始まり『焔』を経てからの『ヨシュア・ツリー』を全曲演奏。
そしてベストアルバム的な流れからの最新曲The Little Things That Give You Away」でライブ終了という感じでしょうか。
コアなファンも、Joshua Tree+ベストアルバムしか聞いていないというライトファンもしっかり楽しめるような良セトリ。
U2と言えば最新テクノロジーを用いたステージ演出や政治的パフォーマンスですが、そちらも健在です。

『原子爆弾解体新書』以降のオリジナルアルバムから一切演奏されなかったのが意外です。「Vertigo」や「The Miracle」はやるかと思っていました。
『アクトン・ベイビー』や最新アルバムをほとんど無視してもここまで出来るU2はさすが。。

ファンとして見逃せないレア曲は「A Sort Of Homecoming」や「ミス・サラエボ」「Ultra Violet」「Red Hill~」でしょう。
A Sort Of Homecoming」は現代風に仕上がっています。
「ミス・サラエボ」は弁護士を夢見るシリアの少女の映像と共に。
パバロッティのパートはさすがに歌わず。みたい方はミラノ公演のDVDを。
「Ultra Violet」は”ベイビー、道を照らしておくれよ”という歌詞が光るような内容の演出になっております。何気に360°ツアーでも演奏していましたね。

最後にこちらが初披露の最新曲
The Little Things That Give You Away」

※追記:実際にU2のライブに行ってきました!!↓

【SOE 新アルバムのジャケット公開?】

新曲The Little Things That Give You Away」(ザ・リトル・シングス・ザット・ギブズ・ユー・アウェイ)のあとに2017年に発売が予定されている最新アルバム『Songs of Experience』のイメージが発表されたようです。

なんというかやや地味なジャケットです。
アルバムの裏ジャケットというツイートも見ましたが真偽はいかがでしょうか。
これのアルバム画像からどんな内容になるかは想像しづらいですね。 

写真に映っているのはエッジの娘さんとボノの息子のようです。
ヘルメットはWarのアルバムジャケットを彷彿とさせますね。

【来日予定は?】

この『ジョシュアツリー2017ツアー』、日本公演の予定は今のところありません。
が、メンバーは4月にお忍びで来日していたようです。
日本でのライブはいまのところ未定のため、
夏に僕もヨーロッパのコンサートに参戦予定です。
Vancouverに行かれた日本人の方も多数おられるようで、本当にうらやましいかぎり。
これから曲目が入れ替わる可能性もゼロではないので今後も注目です。

ああ、2018年のアルバムツアーで来日してくれないかな。

※2017.5/15追記:シアトル公演では、「Bad」や「I Will Follow」が披露され、さらに豪華なセトリに。

6月には『ヨシュア・ツリー』の30周年記念盤が発売されます。
デラックス版にはライブ音源も含まれているので、気になる方はぜひ。

ヨシュア・トゥリー(30周年記念盤~デラックス)

ヨシュア・トゥリー(30周年記念盤~デラックス)

他のU2に関する記事もどうぞ↓