世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

映画館で映画見放題のMovie Passが月額9.95ドルに:米

【アメリカ定額映画見放題サービス】

2011年に登場した、定額で映画見放題の「Movie Pass (ムービーパス)」。
以前は月額15ドル~50ドル(地域により変動)の価格設定でした。
ところが先週の2017年8月15日より、Movie Passがなんと
月額9.95ドル(約1100円)に値下げを発表。
アメリカであれば、どこでも・誰でも10ドル以下で映画を見放題。
これはインパクト大ですね。

【価格破壊の映画Unlimited】

HuluやNetflixなどの動画定額配信サービスや、
Kindleの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」も腰を抜かしましたが、
今度はなんと映画館でのフリーパス

平日でも仕事終わりに毎日観て帰りたくなりますね。

最近はライブ・コンサート見放題のサービスも出現しているようで、
あらゆるコンテンツの奪い合い・囲い込みが起こっているのが興味深いです。

 

今回紹介した「Movie Pass」、
iMAXシアターや3D・4DXといった特殊なシアターは対象外ですが、
日本でもぜひ導入してほしいところ。
月額2000円ぐらいなら実現できるのではないでしょうか?

もし無制限パスのサービスが施行されれば、
窮地に立つTSUTAYA・レンタルビデオショップの立場がさらに危ぶまれますが、
日本はどのような展開を見せるのか見物です。

 

【日本での無制限サービス】

 

 実は日本でもTOHOシネマズにて映画館見放題のパスポートの制度は存在します。

シネマイレージポイントを貯めて、なおかつ一ヶ月限定ですが、
TOHOシネマズ「1ヶ月フリーパスポート(無料映画鑑賞券)」なるものをゲットすることができます。
気になる方は東宝シネマズのHPをご覧ください。

とはいっても、やはり月1100円で見られるのは羨ましいですね。

 導入されるまでは大人しく「午前十時の映画祭」で昔の名作を楽しみましょう。