世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

疲労回復に"アレ"が効くそうなので人生初めて飲んでみた

【疲労回復にあの飲み物が効く?】

疲労回復に"アレ"が効くらしい、という記事を読んだので、
人生初めてあの飲み物を飲んでみました。

【概要】

今回参考にしたのはこの記事。

「Medicine and Science Sports」に掲載された記事で明らかになっているように、ドイツのミュンヘン工科大学予防リハビリスポーツ医学部で発表した研究によると、ランナーやボクサーのようなスポーツ選手は、競技後に免疫力が弱まり、感染症に罹りやすくなりますが、ノンアルコールビールが免疫力の低下を防ぎ、身体の回復を早めるという事です。特に小麦を使ったヴァイツェンビールはポリフェノールを多く含み、効果的だという事です。

他にもGABAやホップ、ビタミンが豊富に含まれているので、
他の健康効果も期待できそうです。

上の記事によると、

:"We were able to prove that it strengthens an immune system that has been weakened by physical stress. It also prevents the system from over-performing."

 マラソンランナーを対象にした実験により、身体的なストレスに起因し弱った免疫システムを強化し、オーバーワークによる悪影響を予防することが証明されています。

そう、疲労回復に効く意外な"アレ"とはノンアルコールビールのこと。
マラソンランナーの僕も、試さない手はないでしょう。

【ノンアルコールビール初体験】

beer

ノンアルコールビール初体験として選んだのは、ランニング後のコンビニで見つけた、「アサヒドライゼロ」です。

通常のアサヒスーパードライとそっくりなルックスは、間違えて手にとってしまうのでは、と思うほど。お酒コーナーにあまりに整然と並べられていたので、
探さないとノンアルコールビールだと気付きませんでした。

さっそく家に帰って、缶を開けてゴクゴク。

・・・ビールだ、これ。

キンキンに冷えた状態で、ゴクゴク飲むと、ビール独特のホップの苦みと炭酸の爽快感が喉を潤します。

注意深く口の中でしっかり味わうと「ん?」と違和感を覚えます。
泡立った状態で喉に流し込むと気がつかないのですが、しっかり味わうと、アルコールのきゅーっと来る感じがなく、味がすぼんで「麦ジュース」という感じになります。通常のビールと比べると少し甘さを感じました。原材料を見てみると、甘味料が少量含まれているようです。

飲んだ後、完全にぬるくなった残りの数滴を改めて飲んでみると、
ビールとは大きく離れた「小麦+ホップのジュース」と化していました。
温度だけでもここまで味が変化するものなのですね。
2,3杯飲んで酔った状態なら、キンキンに冷えたノンアルビールには気がつかないかもしれません。

いつも走った後はちょっと休憩するのですが、
ノンアルコールビールを飲んで、「疲労回復」というより良い気分転換になりました。
疲労回復効果があるかどうかは、明日にならないとさすがにわかりません。

【ノンアルコールビールの利点】

初めて実際にノンアルコールビールを飲んでみて感じた、ノンアルコールビールをのメリットを書きたいと思います。

  1. アルコールを飲めない場所・時間でも遠慮なく飲める
    運転前の方、妊娠中の方、お勧めはできませんが未成年でも飲むことができます。スポーツをする前、お風呂に入る前、就寝前でも遠慮なく飲むことができます。極論を言えば、会社のオフィスの昼休みにも飲むことができるでしょう。(周りの目を気にしなければ。)

  2. 通常のビールに比べ、安い
    アサヒビールで比較すると、「アサヒスーパードライ350m」をコンビニで買うと、安くても180円ぐらいなのに対し、今回紹介した「アサヒドライゼロ」は147円と30円程安いです。一日3本飲むとすれば、100円以上節約することができます。

  3. 健康に良い
    上で紹介した記事にもあったように、ノンアルコールビールは、ミネラルやビタミン、炭水化物などの栄養素が豊富に含まれているので、スポーツ後にも遠慮なく飲むことができます。

  4. アルコールを受け付けない人でも飲み会をやり過ごせる
    体質的にアルコールを受け付けない方でも飲み会でノンアルコールビールで乗り過ごすことができます。色では判別は困難ですので、こっそりノンアルコールビールを頼んでおけば、気付かれることなく飲み会に混じることができます。

ノンアルコールビールについて補足。

上の記事によると、

実はノンアルコール飲料は次の2種類に分けられます。

・文字通り、アルコールを全く含まない飲料

・実際は、1%未満のアルコールを含む飲料

とのこと。
ノンアルコールビールだからといって、安易に運転前に飲むと大変なことになるかもしれませんので、気を付けて飲みましょう。

【おわりに】

いかがだったでしょうか?
ノンアルコールビール、思ったよりも悪くないです。
アルコールビールの代替品として十分成り立つ価値があるように思います。
ランニング後、水じゃなくノンアルコールビールに切り替えたりすると、
自分へのご褒美としても良いのではないでしょうか。
飲まず嫌いしている方も、ぜひ一度は飲んでみてください。

「アサヒドライゼロ」