世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

今年の漢字はPPAP?デマかと思いきや完全に間違いではなかった

「金」が2016年の漢字に

Facebookで投稿されていた下記のネタ記事をみて、今年の漢字が選ばれたことを知りました。もうそんな時期なんですね。
今年漢字は「PPAP」ではなく「」。PPAPとサムネイル画像がずるいですね。

海外版虚構新聞のノリでしょうか。"「P」の書き順が議論になった"とそれらしい嘘まで書いてあります。

しかし、「金」の字はピコ太郎とは無縁ではありませんでした。

選ばれた理由

平成28年の漢字は「金」。何故この字が選ばれたのでしょうか。

その理由としては、まず政治とカネの問題、オリンピックの金メダルラッシュ、大富豪であるトランプ大統領の就任、ソフトバンク孫社長による3兆円のARM買収、為替レートの大きな変動等、お金が大きく動いた年だったからではないでしょうか。
そして金色の衣装を振り乱し踊るピコ太郎のPPAPも世界中でヒットしました。
まあ、「金」はひねりのない妥当な漢字の選択と言えるかもしれません。

個人的には上記の理由やイギリスのEU離脱、フランスのニースでのテロなど予想外の事件が多く「」が適切ではないかと思ったりもします。

みなさんが考える今年の漢字は何でしょうか?
僕もこの機会に一年を振り返ってみたいと思います。