読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

【上海ディズニーランド】三泊四日の上海旅行へ行ってきた

【Shanghai Disneyland】

いまさらな記事になりますが、
上海旅行二日目は2016年にオープンした上海ディズニーランドへ行ってきました。
オープン(開演時間)は午前10時からと比較的ゆっくりめ。
上海中心街から地下鉄で1時間ほどかけて、終点「迪士尼駅」に到着。
英語表記では「Disney Resort Station」となっております。

【園内の写真】

駅から降りて5分ほど歩くとディズニーの音楽が! やはりワクワクしますね。
ディズニーランドなんて10年振りかもしれません。
漢字とヨーロッパ風の建物が絶妙にマッチしています。
東京ディズニーランドも欧米人からするとこんな印象を受けるんだろうな、とふと思いました。

f:id:popmusik3141:20170107231326j:plain

まずはトゥモローランドへ。中国語で「明日世界」のようです・・・わかりやすい、というかそのまんまです笑

f:id:popmusik3141:20170107231414j:plain

『バズライトイヤー』や『ピーターパン』等のアトラクションに乗っていると、
ファストパスの時間が来たのでお目当ての『トロン』のジェットコースターへ。

これは本当に凄かった。室内から急発進し、外を駆け巡り再び屋内の電子の世界へ。
しかも前のめりに乗るバイクのようなライドなので、臨場感は桁違いです。
Youtubeに動画があったので、気になる方はぜひ。

 

ディズニーランドは極力スピーカーを隠し、夢の世界を維持すると聞いたことがありますが、中国ディズニーランドではコンサート会場さながらにPAが派手に立っています。
最近では東京もスピーカーは剥き出しなんでしょうか?
音響的にはこれがベストなんでしょうね。

f:id:popmusik3141:20170107231338j:plain

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』のアトラクション。これも忘れがたいほど素晴らしかったです。

f:id:popmusik3141:20170108005105j:plain
巨大なディスプレイや最新技術を贅沢に使い、どこまでが現実か区別がつきません。海の底から浮上する演出は思わず声が出る程でした。気になる方はYoutubeに動画が上がっているので調べてみてください。

『不思議の国のアリス』の迷宮も。庭の手入れも完璧でした。

f:id:popmusik3141:20170107231738j:plain

街並みもヨーロッパ風の雰囲気がたまりません。

f:id:popmusik3141:20170108005636j:plain


待ち時間はこんな感じ。表示はエリア別に分かれています。

f:id:popmusik3141:20170107231515j:plain
みんな休日のはずなのに、最も混むアトラクションも1時間並べば乗れるようなイメージ。ファストパスを有効に使えば、さらに効率的に回ることができるでしょう。
ちなみに5月6月辺りが最も混雑がピークになるようです。(チケットも高くなるとか

東京ディズニーランドは2,3時間待ちが当たり前のようですが、それに比べるとなんとも優しい世界。

うまく回れたので主要なアトラクションはほとんど乗りこなすことができました
後はお待ちかねの、ディズニーランドのお城を背景にプロジェクションマッピング。

上海ディズニーランドプロジェクトマッピング

 ミッキーやライオンキング・アラジン・スターウォーズ等々数々のディズニーのキャラクターが城を所狭しと駆け巡ります。
特に『アナと雪の女王』の時の盛り上がりが凄かった。中国でも人気なんですね。
上海のPM2.5でかすんだ空のおかげでレーザーがきれいに映えていました。
大気汚染も悪いことばかりではありません。

【中国のディズニーランド】

上海ディズニーがオープンした当時は、日本や海外のニュースで「園内ゴミだらけ」という記事が流れていましたがゴミ一つなく、とてもきれいなパークでした。

おすすめは何と言っても『カリブの海賊(パイレーツオブカリビアン)』と『トロン』そして最新アトラクションである『ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン』。

他にも『白雪姫』をモチーフにしたジェットコースターや円形の大型ボートに乗って水流を下る『ロアリング・ラピッド』など、東京ディズニーランドにはない見どころがたくさんありました。

日本から近場で、世界最先端のアトラクションに乗ることができるので、ディズニー好きの方にはかなりおすすめです。