世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

誰も気づいてない『スマブラSP』3つの進化【Switch】

【スマブラスペシャル】

Nintendo Switchでの新作『スマッシュブラザーズSPECIAL』もあと4ヶ月で発売。

早速ですが、今回の『スマブラSP』には個人的に注目している
今までのスマブラにはなかった進化が3つほどあります。
ちょっと簡単に説明したいと思います。

【リージョンロックがかかってない】

まず第一にあげたいのがリージョン・ロックが解除されているということ。

「いきなり聞いたことがないワードが」、という方も少なくないかもしれません。

リージョンロックについては、下記の記事で詳しく説明しています。

ニンテンドースイッチ購入の決め手となった意外な機能5つ

簡単にいうと、
"海外で発売されているニンテンドースイッチ本体とも通信対戦できる"
ということになります。

つまりリージョンフリー仕様というわけですね。
そのため海外のソフトもプレイできます。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、
実は3DSやWiiUではリージョンロックがかけられており、
海外で発売されているハードと日本の本体では通信対戦が出来ませんでした。

リージョンロックが解除されたことにより、
海外旅行へ行ったときなども、気軽に現地のゲーマーと大乱闘することが可能です。
ちょっとワクワクしないですか?

【テレビなしでできる】

Swichは持ち歩きもできるため、テレビがなくてもプレイすることができます。

テーブルモードにすれば、
その辺の公園でも、「プチスマブラ大会」ができるかも。
ほんとここは大きい進歩だと思います。

【コントローラーが2つ標準装備】

ニンテンドースイッチには
コントローラーが標準で2つ装備されているので、
相手がニンテンドースイッチを持っていなくても二人でバトルすることが可能です。

「スマスペ」のソフトとNintendo Switchさえあれば、
二人で対戦できるわけですね。

これもなんだかんだ、画期的ではないでしょうか。
二人兄弟だと重宝しそうですね。

【俺より強い奴に会いに行く】

3DSとWiiUで発売された前作『スマブラfor』では、オンライン回りがある程度完成されていたので、今回は、"リアルなゲーム体験"が重視されるのではないでしょうか。

格ゲーといえば、やっぱり
「アーケードで顔をつきあわせてのリアルな戦い」
が醍醐味だと思います。

発売後はYoutuberたちが街を歩きながら、
見知らぬ人とバトルをする企画が目に浮かびます。

スト2の「俺より強い奴に会いに行く」的なやつですね。

外国の旅行先でうまくやると、なんか面白い企画になりそう。

僕自身、アーケード版「ストリートファイター4」で対戦した見知らぬフランス人と仲良くなって、今でも連絡を取りあったりなんて経験があります。

新作の『スマブラSP』が爆発的ヒットになるとすれば、
①リージョン・ロック
②テレビなしでプレイ可能
③コントローラー標準装備
上記の3つが大きな鍵となるのではないでしょうか。

今回のスマブラSPでは、
昔のキャラクター・ステージがほぼすべて盛り込まれている、というのも

"誰もがプレイ出来るスマブラ"を目指してのことだと思います。

そーいや、学生の頃、友人のバーをかりて小さなスマブラ大会も開催したりしました。
格闘ゲームって、アツくなれる分、一気にお互いの距離が縮まりまよね。
今日放送される、スマブラDirectもほんとに期待しています。
※追記(2018.8.8):キングクルール参戦にはホント驚きました。
細かい部分も大幅に改善されていて、最高傑作間違いなしです。

ポッドキャストはじめてみました。

「こいつどんな声しとんねん!」と思った方はぜひ聴いてみてください。
iPhone/iTunesで聴く→ https://goo.gl/kd4D8E 
Androidで聴く→ https://www.google.com/podcasts?feed=aHR0cHM6Ly9uZWppbWFraS1yYWRpby5jb20vZmVlZC8%3D
「世界のねじを巻くラジオ」で検索!
世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch