世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

マイブラの名盤『LOVELESS』と赤ワインをバレンタインデーに

【サマソニ 2018年来日!】

明日はせっかくのバレンタイン・デーなので、毎年これを聞くのだけは外せない、マイブラッディバレンタインの名盤『ラブレス』について語ろうと思います。

サマーソニックの前夜祭である、ソニックマニア(通称:ソニマニ)でライブが決定。せっかくなので、マイブラッディヴァレンタインの魅力を少しお伝えします。

今週のお題「バレンタインデー」

【バレンタインに聞きたい名曲】

 洋楽好きからカルト的人気を誇る『ラヴレス / MY BLOODY VALENTINE』。
とりあえずヘッドホンで耳を包み、轟音で聞いてみてください。
赤い音の津波に打たれ、ただただ圧倒されるのみ。
1曲目の「Only Shallow」も超名曲かつ衝撃的なんですが、
個人的にこのアルバムで最も好きなのは「When You Sleep」という一曲。

轟音の中を泳ぐような高音のメロが通り抜けていきます。
ノイジーなサウンドだけでなく、メロディーがしっかりしているところが多くの人の心を掴んだのでしょう。
ニルバーナやナインインチネイルズが好きな方もきっと気に入るはず。

ほかには「Sometimes」も有名ですね。

映画『ロスト・イン・トランスレーション』でも挿入歌として使用されており、退廃的に表現された日本のごみごみした部分を、温かいギターのノイズで表現しているようなはまり具合。
この感じ、ほかにはありませんね。
アルバムを通して統一感もあり、はじめての方にも、ぜひ通して聞いてほしいです。
先日バレンタインデーに向け、リマスター版も買ってしまいました。

【アルコールとの相性◎】

ここまで書いておいて、実はシューゲイザーのバンドはあまり詳しくありません。
でも非シューゲイザーバンドのシューゲイザー的トラックはもっと好きです。
スピッツの「惑星のかけら」U2「夢の果てまでも」R.E.M.の「Let Me In」など、シューゲイザーチックは曲がかなりツボ。
とにかくアルコールの陶酔感との相性が抜群なんですよね。
特にマイブラの『ラブレス』は濃い赤ワインがほんとに合う。

赤い液体から漂う香りが鼻を満たし脳髄を麻痺させ、そこに音の波が流れ込む。
心の混沌を肯定してくれるかのような。

「お酒の正しい用法ってこうなんじゃないの?」と思ってしまうほど。
別の世界に飛びたい方は、ぜひワインを飲み干し、赤い渦の中へ。

【シューゲイザーの金字塔】

あのブライアン・イーノもベタ褒めしたマイ・ブラッディ・バレンタインの代表作を、バレンタインの日に聴いてみてはいかがでしょうか?
ソニマニのライブも東京のみですが、観てみたいですね。

LOVELESS

LOVELESS

初めて知ったのですが、U2と同じくアイルランドのバンドだったんですね!

世界最重要ロックバンドU2が日本で評価されない7つの理由