世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。現在、世界一周旅行中。

USJの『ウォーターワールド』がリニューアルするらしい

【ユニバのアトラクション】

2018年6月1日より、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション『ウォーターワールド』がパワーアップするとのこと。

公式サイトによると3Dサラウンド音響を導入し、ハリウッド仕込みのスタントアクションにさらに磨きがかかるようです。

「ディーコン様だー!」って聞けば、どんなショーだったか思い出す人も少なくないはず。

個人的に思い入れのあるアトラクションなので、ちょっとした文章を書こうかと。

【USJ】「ETアドベンチャー」の森の香りを探しあてた気がする 

【Water Worldの記憶】

ウォーターワールドのショーを初めて見た当時、中学生の頃だったかと思います。
ショーってあんまり好きじゃなかったんですが、ウォーターワールドを見てから、「ショー」に対する概念がガラッと変わりました。
これが凄いのなんの。

広いステージを、縦横無尽にアクターが駆け抜けていき、
あちこちで火柱があがったり、観客も水でずぶ濡れになったり。
スタントも並外れており、外国人スタントマンが派手なアクションを見せてくれます。ラストシーンは何度見ても思わず息を飲んでしまうほど。

 

実はこの「ウォーターワールド」は火薬類取締法違反の疑いで、一時中止になったこともあるほど派手な演出で有名です。

また、"やり過ぎ"で騒ぎにならないといいですね。

学生の頃、元ネタの映画もみたんですが、正直あまり記憶になくて・・
セットはすごく凝っていて、世界観はかなり好みでした。

この映画、かけた莫大な予算に対して興行収入が振るわず、
"大失敗作"として有名だそうです。

それでもどうしても書いておきたいのは、やはり音楽、サントラのこと。
「Escaping The Smokers」という曲、
アトラクションを見たことがある方なら必ず耳にしたがことがあるはず。

1:21~あたりからの盛り上がりがたまりません。
聞くだけでスタントマンがジェットスキーで動き回る様子が頭に浮かびます。
作曲家はジェームズ・ニュートン・ハワードという方だそうですが、正直なところあまり他の作品を知りませんね・・。
でも中学の頃、胸を震わしてくれた映画音楽ということで、非常に思い入れのある一曲です。

ほかにも「WATER WORLD」ゲートの周辺で流れているこの音楽も外せません。

Waterworld Soundtrack - "Main Titles" - YouTube
ああ、USJ行きてえな。

【ハリウッド映画の世界へ】

一度もみたことがない方はせっかくのタイミングなので、
ハリウッド感満点な新しいウォーター・ワールド、ぜひ見てみてはいかがでしょうか?

自転車型ライドの『ETアドベンチャー』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』など好きだったアトラクションがどんどんなくなっていき、悲しいばかりですが、新陳代謝と考えると仕方ないのかもしれませんね。

『ウォーター・ワールド』はパワーアップ、ということでひとまず安心です。
ちかいうちに友人と行ってみようかと思います。

この裏のエリアには、2020年にオープン予定の『SUPER NINTENDO WORLD』が工事中とのこと。これも楽しみですね。