世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

なぜ鳥はぶつからず飛べるのか 他-今週気になった記事まとめ【10/7】

【今週気になった記事まとめ】

少し遅れましたが、毎週恒例の「今週気になった記事まとめ」をどうぞ。

イヌは人間とは違って番組の3秒以内の短い会話で好きかどうかを判断します。イヌにとって良いテレビ番組は、長い物語のシナリオがおおく含まれた物が良いということになります。

本当かな!?と思ってしまいますが、言われてみれば僕の飼い犬もテレビを眺めていることはよくあるような気がします。
本当に理解しているかは怪しいところですが、良い刺激になるのは間違いなさそうですね。元記事を読んでいると犬用のテレビ番組もあるとかないとか。
確か、一説には犬は100語ぐらいなら理解できるというものもあった気がします。

 

植物のメカニズムはまだまだ理解できない部分が多そうですね。
虫たちとの共存関係など、知れば知るほどそのシステムの複雑さに驚かされます。
以前書いたこちらの虫に関する記事もどうぞ。

 

「なぜ鳥は空中でぶつからないのか」という記事。
細い通路の両端から鳥を102回飛ばして検証した結果、一度としてぶつかることはなかったとのこと。
お互い常に右へかわすか、もしくは高度を下げることによって正面衝突を避けているようです。DNAに刻まれたスキルを舐めてはいけません。

 

the researchers determined that regularly scheduled mealtimes can be something of a magic bullet when it comes to beating jet lag.

"If business travel is short (two to three days), keep your sleep schedules and eating times as close as possible to the home time zone,"

時差ぼけ対策にはご飯を食べる時間をずらさないことが特効薬のようです。つまり自分の国の時間に合わせてご飯を食べると良いそうです。 とは言っても機内食の時間は決まってますし、なかなか言う通りにやるのは難しそうですね。

 

・年末までは本が読まれた場合、普通に売った時と同じ料金をAmazonが出版社に支払う契約になっていた
・通常、Kindle Unlimitedでは読まれたページ数に応じて利益が支払われるが、出版社向けの契約では、全体の10%が読まれたら1冊読んだことにするとしていた

他の国の電子書籍は小説の割合がもっと高く、「ここまで漫画や雑誌、写真集が読まれる国は他にない」のだそう。

欧米のビジネスモデルをそのまま持ってきも、やはり上手くいかないもんなんですね。
個人的にKindleアンリミテッドでは雑誌や個人出版のものを色々読んでいるのでそれほどダメージは受けていませんが、有名どころをお目当てにしていた方には肩透かしだったと思います。

 

なんとあのピンクフロイドが!
2014年にラストアルバムを銘打った『永遠』が発売されましたが、もう再結成なんですか・・。もうアルバムは出さないとのことでしたがどうなることやら。個人的には願ったり叶ったりです。

【おわりに】

いかがだったでしょうか?
みなさんも良い週末を!