読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Lifehack等についてお伝えします。

雪だるまと戯れるパンダ他-今週の気になった記事まとめ【12/23】

今週気になった記事まとめ

【村上龍がボブディランへ寄せた言葉】

ついに久々の連休が始まりました。
毎週金曜日恒例の「今週気になった記事」をどうぞ。

【今週気になった記事】

イギリスの名門オックスフォード大学が学生たちに対して、「he(彼)」や「she(彼女)」ではなく「ze」という人称代名詞を使用するよう推奨した。

なるほど、面白ろい試みです。日本語だとどんな単語になるんでしょうか。

 

森見登美彦の名作『夜は短し歩けよ乙女』がアニメ映画化。
個人的に期待していた感じとちょっと異なるのですが、楽しみにしたいと思います。
文体が大きな魅力でもあるので、映画になるとどんな感じに仕上がるんでしょうか?

 

国際柔道連盟(IJF)は9日、柔道技の評価ポイントから「有効」を廃止するなど、2020年東京五輪へ向けた新たなルール案を発表。積極的に攻め合う試合展開を促し、観客にわかりやすい柔道を目指したルール改正。

 東京オリンピックの柔道のルールが大きく変更され、「有効」が廃止、「合わせ一本」の制度もなくなるとのことです。
男子の試合時間が5分→4分に変わるというのも思い切った変更なのではないでしょうか。

『コインロッカー・ベイビーズ』や『限りなく青に近いブルー』で有名な作家村上龍がボブディランのノーベル文学賞受賞に関して文章を書いたようです。

愛が伝わってきますね。
『コインロッカー・ベイビーズ』とか『半島を出よ』読み返そうかな。

雪だるまと戯れるパンダ

狙ってやっているのかと思うほどの可愛さ。

 

Uberの赤字がどこから来ているのかだが、少なくとも次ような支出先がある。自動運転車の開発、食品配達ビジネスの拡大、ドライバーと社員の人件費、訴訟多数、ロビー活動、等々。Uberではここ昨年コスト削減のために報酬体系の見直しを行ったが、それでも人間のドライバーに対する支払いは大きなコストセンターになっている。

「Uber」、意外と苦戦しているんですね。
手広く投資しているようなので、もう一度イノベーションを起こしてほしいところです。

モリッシー、冨田勲が好きだったとのこと。

「もしあなたが聞いたことがないのなら、初聴できるのが本当に羨ましい」とまで書いています。
冨田勲を知らない方はこの記事をぜひどうぞ。

【おわりに】

いかがだったでしょうか?
これから三連休、しっかり羽を伸ばして休みたいと思います。