世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

大学時代の友人が亡くなった話

Facebookでの訃報

 フェイスブック上で、
大学時代の留学生だった海外の友人から、突然イベントに招待された。


「日本にいるのに、なぜわざわざ招待を?」と思って中も開かずページを閉じようとしたのだけど、なにかいつもと違うものを感じてチェック。

リンクを開いてみると、
「みなで彼に別れのグラスを!」との記載が。

詳しく読むと、どうやら彼は亡くなってしまったらしい。
このイベントは、マックス(仮名)のアカウントを家族が引き継ぎ、
送ってくれているとのこと。

彼の人生を祝うイベントのページに、
マックスの友人からの"お悔やみの言葉"が投稿されていた。

マックスがなぜ死んだのかは一切書かれておらず、

ただ
「彼の人生は簡単ではありませんでした。でも彼は最後まで頑張り抜いたのです」的な記載が。 

推測にすぎないけど、おそらく死因は自殺だったんじゃないかと思う。

あまりの唐突な訃報に、パソコンの前で固まってしまった。

読み飛ばそうとした罪悪感とともに、マックスのくしゃっとした笑顔が頭に浮かんだ。
アメリカ式のお別れの仕方に戸惑いを感じながらも、しみじみと感傷に浸る。

正直なところめちゃくちゃ仲が良かった、というわけではないんだけど、
学生時代にちょこちょこ顔を合わしたし、いっしょに何度かお酒も飲んだ。

今までの記憶を辿っても、
マックスはそんなに思い悩むような性格にも見えなかったし、
この訃報は驚きでしかなかった。

数年前の誕生日のメッセージを最後に、
止まったままのフェイスブックのメッセンジャー。
この会話がもう進むことはないと思うと、胸がつまる。

早口でなかなかの変わり者だったけど、
日本文化、特にアニメやゲームに関心が強いやつで、
誰からも愛されるような人柄だった。

そういや聞いたこともないアニメの話をされて、
困ったことがあったような、なかったような。

もういなくなってしまったんだと思うと途方にくれるけれども、
もうどうすることもできない。
生きるってむずかしいのだな、とふと思った。

 

R.I.P.