世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

MAD ABOUT RECORDS:ワールドミュージック好きにおすすめのレーベル

マッドアバウトレコード@Bandcamp

ドイツ・ベルリン発の音楽配信サービス Bandcamp で見つけた
おすすめのレーベル「MAD ABOUT RECORDS」を紹介したいと思います。

 レコード会社・レーベル単位で紹介するのははじめてな気もしますが、
ちょっとマイナーな海外レーベルを紹介。
www.nejimakiblog.com

 

マッドアバウトレコーズの特徴・魅力をざっくり紹介すると、

ワールド音楽、民族的、ブラジル、
生々しい音、アナログ感、黒い音

という感じ。 (※完全に個人的な感想です)

これらのキーワードにビビっと来た方ならチェックしておいて損はないかと。

 

ほんとにかっこいいアルバム・楽曲揃い。

アルバムジャケットにもこだわりを感じられ、
日本のデザインではまず見られないような絵が楽しいです。

 

ポルトガル発のレコードレーベル?なので、
マニアックなブラジル音楽も聴けて個人的にかなり気に入ってます。

 

ポルトガル、ブラジル音楽だけでなく、
LAの録音や新しいものももちろん出してます。

 

おすすめアルバム3選

独断と偏見で「聞いて損はなかったな」と思う3枚はこちら。

 

どれもフルで視聴可能なので、
騙されたとい思って聞いてみてください。

 

Joe Gallardo & Sol - "Sol"

 3曲目の「El Que Se Fue」とかサイコーです。

 

 

Luiz Carlos Vinhas - "O Som Psicodélico De L. C. V​.​"

いかにもラテン音楽、って感じの明るさに満ちたアルバム。
カラッとした空気感がたまりません。

 

 Guilherme Coutinho - E O Grupo Stalo

スティービーワンダーとかハービーハンコック好きの方におすすめ。
6曲目の「Fuga」のテンポ感とかほんと好き。

 

レーベルを特集するのは初めてですが、
ワールド音楽クラスタの方にほんとおすすめです。

自分だけの名盤、探してみてはいかがでしょうか?

 

mad about records bandcamp

 

Bandcampで聴く:

madaboutrecordslabel.bandcamp.com

 

アーティストやアルバム単位ではなく、
こうやってレコード会社単位でまとめた記事も書いていきたいと思います。

 

2021年2月5日に、
Bamdcamp Fridayも行われますのでぜひチェックしてみてください。。

バンドキャンプで自分好みのレーベルやアーティストを見つけると、
レアなレコードを見つけたときのようなワクワク感がたまりません。

 

こちらはプロデューサー単位での振りかえりの記事。

www.nejimakiblog.com

 

厳選ニュースやおすすめの音楽・本を紹介するニュースレターを月1回配信してます。
購読(無料)はこちらより。捨てアドでもいいので登録してみてください!