世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

世界一周旅行で嗅いだ"におい"の思い出

嗅覚の記憶

はてなブログのお題が「ニオイ」についてのトピックなので、
世界一周旅行中の印象深かった"におい"の思い出を書こうと思います。

黒トリュフ

ブラジルでフランス人の家に泊まった時の話。
ホストはお医者さんだったので、なかなかリッチな生活をされる方でした。

「ちょうど冷蔵庫にいいものがある」と出てきたのが
なんと黒トリュフ
しかもパリの家族から送ってもらった結構イイヤツとのこと。

その黒トリュフのかけらをひとかけら頂きました。

これがすごくて。
"深海にあるめんつゆ" のような

「ズォーーン」

鼻がまるごと海の底に沈み込んだかのような感覚

そのあと

いままでトリュフなんてチョコレートに入っている
"なんちゃってトリュフ"
しか食べたことがなかったですが、
本物はここまで薫るのか、とびっくり。

トリュフに魅了されるお金持ちの方の気持ちが、少し理解できた気がしました笑

 

 

アロガンオイル

モロッコのシディカオウキという隠れたサーフィンの名所で食した、
人生初のアロガンオイル
見た目は色の薄いオリーブオイル。

現地の方に勧められ、
焼いたパンに塗って食べたのですが、これがほんとに旨かったです。
オイルなんですがべたつきがなく、スーッと消えていく感じ。

食用のものは、
"超優雅なごま油"のような香りがします。

けっこう体にも良いみたいです。

最近は化粧品用のアロガンオイルを日本でも見かけるようになりましたね。



コカの葉

コカ〇ンの原料にもなるコカの葉を使った「コカ・ティー」。

ペルー現地では合法で、レストランでも普通に注文可能。

複雑な香りで
一度嗅いだら忘れられない香りがします。

さやえんどうの豆を茹ですぎたときの香りに少しだけ近いかも??

味も他にはない独特な味で、
爽やかな渋み、といった感じ。
(↑矛盾した表現ですがホントこんな感じ。)

頭痛や高山病にも効果的だそうです。

ちなみにお土産として持ち帰るのは違法なのでご注意を。

 

ロトルアの硫黄臭

地熱活動が活発なニュージーランドの観光名所ロトルア。
町のあちこちでぐつぐつと温泉が湧きたっていて、
町中が硫黄臭に包まれてます。

朝起きたときに硫黄臭に気づき、
あ、そうだ。今ロトルアにいるんだった」と実感したのを覚えてます。

 いい匂いだけじゃなくて、 

くさい方の"臭い"といえば、この町が印象深いですね。

下の画像はキワノという果物の画像、


f:id:popmusik3141:20191215110919j:image

 

マオイ族の伝統料理 ハンギ

土の中で鶏肉やキャベツなどを燻して食すマオイ族の伝統料理。

スモーキーな香りがあたりにたちこめ、
みんなで土の中から引き揚げ、

肉はもちろん、しっかりと燻されたキャベツがほんとに旨かったですね。

これもマオイ族のホストのおかげで頂くことができました。 

 こちらの記事にも書いてます。

 

ほかにも、

・ブルガリアの首都ソフィアの駅の小便臭(これは悪い意味で凄まじかった)
・ギリシャのチーズ
・モロッコのレモンチキン
・ニュージーランドの深い森林の香り
・コンブチャの発酵臭
・ホストの方のみたこともないメーカーの香水

などにおいの思い出をあげればキリがないのですが、 
そろそろこの辺で。 

 以上はてなブログのお題に関する投稿でした。

五感を鍛える カテゴリーの記事一覧 - 世界のねじを巻くブログ

ポッドキャストやってます。
U2や音楽・映画、ゲイライフについて熱く語る番組。

iPhoneで聴く


Spotifyで聴く:

スポティファイポッドキャストねじまきラジオ

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン