世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

遅いインターネットとポッドキャスト

【Podcastの特性】

Podcastを始めて一年半以上が経ちました。

最近ずっと考えているのが、宇野常寛さんが提唱された
"遅いインターネット"ということば。

 あまりに多い情報量があっという言う間に駆け抜けていく
SNSを中心に、色んな問題が起こってしまっている現代のインターネットに、
疑問を投げかける概念です。

slowinternet.jp

 

このインタビューがなかなか面白くて。

宇野 単に発信させれば良いということではなくて、発信の過程でいかに深く考えさせるかが重要なんだよ。
アクティブラーニングもそこに重心をおいている。

ただ、それをTwitterやFacebookのSNS系は全然考えずに、とりあえず発信させれば良いという方向に行った。
結果、人々はより考えなくなってしまった。

 

あまりに簡単に発信できてしまうため、
Twitterなどでは心のない発言が増えてしまっています。

 

その点ポッドキャストは、
声で収録してから配信するので、
無感情に誰かをけなしてしまう恐れは低くなるかと。

 

そもそもポッドキャストは
RSSを介してMP3が配信する仕組みなので、
収録してから配信しても、届くまで数十分時間がかかるようなメディア。

素早いリプライもできないので、
考える時間ができるのもメリットかもしれません。

  

宇野常寛さんが目指すものとは違うかもしれませんが、
個人的な「遅いインターネット」的な楽しみ方として、
たとえばこんなものがあります↓


公開前の映画監督のインタビューを聞いてから
映画本編を見て、

そのあと一般人の映画感想トークをじっくり聴く、という楽しみ方。

自分で観たなら自身の番組で配信してもいいですしね。

 

ニュースアプリでテキストを読むより、
「あ~聞いてよかったな」と思うことが断然多いですし、
映画の印象の残り方も全然違います。

 

ただ通り過ぎていくニュースサイトの情報にはない、
製作者側の意図や個人の感情が、
なによりも心に残るのだと思います。

また、流れ去っていくツイッターやフェイスブックとは違って、
積み重なっていくよさがあるのがポッドキャストの良さだったり。

僕が20世紀の終わりに、『さるさる日記』や『ホームページビルダー』でネットという大海に手紙入りのビンを流し続けていたときは、こんな気持ちだったよなあ。 何者でもない僕が書いた駄文を、この地球上の(といっても、日本語だから、たぶん日本のどこかの)見知らぬ人が読んでくれているのだなあ、ということに、とても不思議な高揚感があった。

「私が書いたものを誰かが読んでくれる」ということ - いつか電池がきれるまで

この方は文章について書かれてますが、

「自分の声が入ったビンを流しておくと、誰かが聞いてくれる」
まさにそんな気持ちでポッドキャストを配信してます。

ブログ上で文字を読んでくれるのもうれしいのですが、
声がどこかで聞かれてるのも、
文字とはまた違う不思議な感覚があったり。

 

"発信者の感情"が遅いインターネットを
実現する鍵だと思いますし、
作った思いや考察、
個人の感想などを伝えるにはほんとに優れた方法だと思います。

今後日本でも流行るといいんだけどな~。

興味のある方はぜひスマホ一台から配信を始めてみてはいかがでしょうか? 

 

ポッドキャストやってます。
世界一周旅行や音楽・映画、ゲイライフについて熱く語る番組。

iPhoneで聴く


Spotifyで聴く:

スポティファイポッドキャストねじまきラジオ