世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

ロサンゼルスに完成した高さ70階にある空中滑り台がすごい

【ロスの新観光スポット】

 アメリカのロサンゼルに、新しい観光スポットができたようです。
「Outdoor glass slide」、つまり空中滑り台のこと。
でもアメリカらしく、そんじゃそこらとはスケールが違います。

【空中滑り台(70階の高さ!)】

なんと地上約305メートルの場所にビルに沿ってガラス張りの滑り台が作られたとのこと。

地上300メートルで、ビルの70階から69階へと繋ぐ滑り台。
滑り台のガラスの厚さは1.25inch(3.175センチ)で風速110mile/hにも耐えられるようです。

下記の動画の冒頭で高さを確認できますが、想像以上に高い場所にあります。
高所恐怖症の方には厳しいでしょうね。
一瞬で終わってしまうようなので、もう少し長ければもっと楽しめそうです。

そういえば、ニューヨークにはエンパイア・ステート・ビルやロックフェラーセンター等街を見渡せる建物があるのに、ロサンゼルスには入場可能なビルはなかったような。

調べてみると、2016年に「OUE Skyspace」という展望台が「U.S.Bankタワーにオープンし、そこを観光スポットとして確立すべく、この空中滑り台ができたようです。

OUE Skyspace LA | Opening in 2016 | Official Site - Home

 

【おわりに】

大阪の梅田スカイビルも良い勝負していると思いますが、
これも一度は訪れてみたいですね。
ディズニーランドならカリフォルニア以外にもありますが、これほどの高さにある滑り台はロサンゼルスだけ。
これからLAに行く予定がある方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。