世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

マスキュリニティで読む21世紀アメリカ映画 / 國友万裕 を読んだ感想

男らしさとポップカルチャー

ハリウッド映画でみるジェンダー論を書いた本、
マスキュリニティで読む21世紀アメリカ映画(英宝社)』が発売されたので、
さっそく読んでみた感想を書いてみたいと思います。

 この書籍の内容としては、マスキュリニティー(男性性・男らしさ)の問題を中心に、
アメリカ映画と文化を辿っていくという本。

 

感想・レビュー

個人的な感想をざっくり簡単に書いてみたいと思います。

タイトルから想像すると、ちょっと男臭い本なのかと思いきや、
エマワトソンの国連スピーチを軸に、
女性への配慮もある導入文ではじまる点が好感触でした。

基本的な流れとしてはいくつかのトピックのもと、

『ファイトクラブ』など有名タイトルから
はじめて聞くような映画までジャンルや年代問わず紹介され、
その作品の背景やジャンダー論的な分析が分かりやすく書かれています。


オタク文化、#MeToo、メトロセクシュアルとブロマンス、イクメン、LGBTQ
などなど、

あらゆる視点で"アメリカの男らしさ"というものを揺さぶる一冊。

 

 自身と強さを見せつける男性の時代は去り、
これからは迷い、傷つきながらも、民主的で誠実であろうとすることが、
これからの男らしさなのです。 P156

 

ホモソーシャルやゲイカルチャーなど男性的な部分だけでなく、
フェミニズムへのバックラッシュやスポーツ、政治など
あらゆる分野に話が広がっていくのも◎

 

後半の "クィア・リーディングで読む『フォースの覚醒』"というパートは、
そんな視点があるのか、と正直驚かされました。

 

タイトルの通り、
アメリカの映画がメインの内容なので、
海外ドラマや本、音楽などの分析ついても読んでみたいなぁと思ったり。

・・・あとちょっと気になったのが、
まだ見てない映画のネタバレが多数含まれるので、
もうちょっと抑えめにしてあるとよかったかな、と思わなくもなかったです笑

 

また、僕個人としては学術的なジェンダー論の用語をあまり知らなかったので、
そういう意味でも楽しめました。

コンシャスレイジング
トロプス
レイシャルプロフェイリング
スラッシュフィクション

など知らなかったワードがたくさん。

 

この本を通して、
個人的に気になった映画を10本選ぶと、

  • 透明人間
  • レッドピル
  • ROOM
  • スーパーバッド
  • ジ・アート・オブ・セルフディフェンス
  • 本当の僕を教えて
  • 40歳の童貞男
  • ファミリーツリー
  • 私の中のあなた
  • ザ・イースト

あたりは今すぐにでも見てみたいなぁ、と思いました。

なにより見たい映画がたくさん増えたのが、一番よかったことかもしれません。

 

ほんの少しジャンダー論の知識があるだけで
映画の見方って大きく変わったりしますし、

特に男性/女性という性別の壁に挟まれやすい
ゲイの方には読んで欲しい一冊です。
 

以上『マスキュリニティで読む21世紀アメリカ映画』のざっくりレビューでした。 

www.nejimakiblog.com

 

マスキュリニティで読む21世紀アメリカ映画

マスキュリニティで読む21世紀アメリカ映画

  • 作者:國友 万裕
  • 発売日: 2021/03/25
  • メディア: 単行本