読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Lifehack等についてお伝えします。

トラックボールの掃除には付箋がおすすめ

Lifehack

【ボールが固い場合の掃除方法】

 最近トラックボールの動きがちょっと固くなってきたな、と感じたので、
なんとなく机に置いてある付箋で掃除をしてみました。

すると思った以上に手ごたえが。
部屋が埃っぽいこともあり、間に挟まっていた埃が取れるとれる。

初めは少し手こずりましたが、慣れるとヌッと付箋を突っ込んで、がさがさ・クルクルしてから引き抜くと、埃の塊が支持球のフチから出現します。

耳かきで耳垢を取るときのように、無事にごっそり取れると妙な快感を覚えてしまいます。

実際の様子

ちょっと汚い写真ですが、こんな感じ。
黄色い紙の付箋に乗っているのがとれた埃です。

トラックボール掃除付箋

紙の付箋でやるとちょっと頼りない(やわい)気がします。
そのため、しなりが良く固いプラスチックのふせんでやると、思い切って掃除をすることができるのでおすすめです。

個人的におすすめの掃除の仕方は、ふせんを半分に折り曲げて突っ込むという方法。
クニャッと折れないので強引に埃を掻きだすことができます。

 

写真は出たホコリを控えめにしていますが、「よくこの状態で使っていたな」というのが素直な感想でした。

2年前にアマゾンでなんとなく買ったロジクールのトラックボールですが、いったいどれぐらいの頻度でやればいいんでしょうか?

まあよくよく考えてみれば、部屋の棚にも1,2週間でほこりが積もるのに、
トラックボールにゴミや埃が溜まらないわけがありません。当然ある程度の期間でメンテナンスをしなければどんどん動きが鈍くなってしまうでしょう。

あまりに気持ち良いので、月に一度ぐらいの頻度でやってしまいそうです。

今回自宅で使っているのがトラックボールだったため、それで試してみましたが、普通のマウスやMac用のマウスの隙間部分・ホイールの部分にも付箋は使えると思います。

 以上、ほんとに個人的な雑記になりましたが、一度も掃除したことない、という方は少なくないと思うので、試してみてはいかがでしょうか。

追記(11/4):優しい方からコメントを頂いたのですが、僕が使用しているLogicoolのトラックボールはなんとボールが取外せるとのこと!

「え?」と底の方をみると確かに穴のようなものがあります。
てっきり空気穴か何かかと思っていました。
そこからグッと強くボールを押すと、なんといとも簡単にポロッとボールが外れました。

付箋で掻きだした苦労はなんだったんでしょうか。。

でかい顔して長々と記事を書いたのが非常に恥ずかしいですが、これで一つ大切なことを学べた気がします。
取り外せないタイプのものを使用している方に役立てば幸いです。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t