読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Lifehack等についてお伝えします。

【電子書籍】村上春樹の初期三部作がKindleで販売開始

Kindle 村上春樹

【村上春樹とKindle】

AmazonのKindleアプリから突然通知があったので何かと思ってチェックすると、
村上春樹の初期三部作が電子書籍で配信されるという内容でした。
せっかくのなので軽く紹介したいと思います。

【村上春樹の初期作品がKindleで配信】

今まで村上春樹の作品は、エッセイを中心にしか配信されておらず、
長編小説は『アンダーグラウンド』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を除いて電子書籍化はされていませんでした。

今日上記に書いた通り、Kindleアプリから通知があったので、
Amazonのキンドルストアを覗いてみると、なんと村上春樹の初期三部作がKindleストアに。

f:id:popmusik3141:20160609214036p:plain

 

まだ発売はされておらず、予約の形になるようです。

7/1(水)に配信開始とのこと。

今回電子書籍として配信されるのは、AmazonのKindleストアだけでなく、
紀伊国屋書店のサイトや、楽天ブックスでも同時期に配信されるようです。

【初期三部作について】

風の歌を聴け
風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

野球を観戦しながら、突如本を書くことを思いつき、生まれた村上春樹の処女作。
当時ジャズバーの店主だった人の文章とは思えません。

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」P.7

上記の文章で有名な本作ですが、村上春樹が苦手な方からすれば、キザな文章に見えるかもしれません。村上春樹の文章はシンプルなようで癖が強く、なんだかんだで人を選びますが、ぜひトライしてみてください。

 

1973年のピンボール (1980年)
1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

「遠くから見れば、たいていのものは綺麗に見える。」P.105

 村上春樹の文章ではなくジェームス・B・ハートレイの文章ですが、挿入された下記文章も素晴らしいです。

ピンボール研究書「ボーナス・ライト」の序文はこのように語っている。

 あなたがピンボール・マシーンから得るものは殆ど何もない。数値に置き換えられたプライドだけだ。
失うものは実にいっぱいある。歴代大統領の銅像が全部建てられるくらいの銅貨と、取り返すことのできぬ貴重な時間だ。
 あなたがピンボール・マシンの前で孤独な消耗をつづけているあいだに、ある者はプルーストを読み続けているかもしれない。
またある者はドライブ・イン・シアターでガール・フレンドと『勇気ある追跡』を眺めながらヘビー・ペッティングに励んでいるかもしれない。
そして彼らは時代を洞察する作家となり、あるいは幸せな夫婦となるかもしれない。
 しかし、ピンボール・マシンはあなたを何処にも連れて行きはしない。リプレイのランプを灯すだけだ。リプレイ、リプレイ、リプレイ……、
まるでピンボール・ゲームそのもがある永劫性を目指しているようにさえ思えてくる。
 永劫性については我々は多くを知らぬ。しかしその影を推し測ることはできる。
 ピンボールの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。
もしあなたが自己表現やエゴの拡大や分析を目指せば、あなたは反則ランプによって容赦なき報復を受けるだろう。

HAVE A NICE GAME !  
(P.28より)

正直なところ、初期三部作の中では印象が薄い作品。そのため、僕はAmazonで予約しました。8年前程前に読んだ頃とどう感想が変わるのか、楽しみです。

 

羊をめぐる冒険 (1982年)
羊をめぐる冒険

羊をめぐる冒険

「その代わり君が羊を探し出すんだ。これが我々の最後の条件だ。今日から二ヵ月以内に君が羊を探し出せれば、我々は君が欲しいだけの報酬を出す。もし探し出せなければ、君の会社も君もおしまいだ。それでいいか?」 P.194-195

 個人的に初期三部作で最も好きな作品。
村上ワールド具合も、以前の作品と比べグッと深まっています。
ミステリーの要素も含まれて、「脈絡がない」と言われる前二作よりもストーリーがしっかりしており、得意のメタファーも数多く含まれております。
上下巻セットでの配信されています。

【おわりに】

いかかだったでしょうか、初期三部作が好きな方には朗報かと思います。
初期三部作を皮切りに、他の長編作品も電子書籍化もされると良いですね。
『ねじまき鳥クロニクル』や『海辺のカフカ』がKindleで配信されるのはいつになるやら・・・。

電子書籍はスマホ・タブレット,KindleやKobo等をお持ちの方なら通勤中でも手軽に読むことができるので、ぜひ予約してみてはいかかでしょうか。

村上春樹の処女作である『風の歌を聴け』168ページとボリュームも少なく、夏にはぴったりの小説なので、食わず嫌いをしている方も、ぜひトライしてみてください。
ビールが飲みたくなることでしょう。

 短編小説集も配信開始されました。

新作もぜひ。

海外での村上春樹もどうぞ。