読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

盲目のゲイはどのように自分が同性愛者と気づいたのか【LGBT】

【目が見えない人の恋愛事情】

生まれつき目が見えない方はどのようにして自分がゲイだと気づくのでしょうか?

海外の掲示板 Redditにて、盲目の同性愛者達が自らの経験を語り合い、大きな反響を呼んでいます。
とても興味深い内容でしたので、久しぶりに海外系の記事となります。

参考にしたRedditスレッドはこちら。

【マイノリティーとしての経験】

様々なユーザーが思い思いの質問を投げかける AskReddit というスレッド。

そこでの印象的なコメントを紹介したいと思います。

生まれつき目が見えず、そして"凄まじく"ゲイだと自称するRedditユーザーは盲目のゲイとしての恋愛をこう表します。

「誰かを見て心惹かれることってあるだろ?そんな感じだよ、見えてはないけれど。」

 

他の男性は。

「11か12歳のとき、男と女の違いはわからなかったよ。彼らはどちらも一緒だった。男の子は興奮させてくれたけど、女の子はそうでなかったこと意外はね。とのこと。

 

他の意見も面白いです。

「身体のどんな部位も分からないけど、同性に惹かれるんだ。僕のユニークな状況のおかげで、ゲイであることは選択じゃないことがはっきりわかるんだ。

そして彼は続けます。「僕が誰かに会ったとき、惹かれるのはその声・匂い・優しさ、

そして困ったときに助けてくれる献身さだよ」

本当に基本的なことですが、”人を好きになる”とはそういうことなんでしょう。

「gay cuddle」の画像検索結果

また別のRedditユーザーが言うには、

「果物の匂いを嗅いで"これは美味しいに違いない"と思うだろ?そんな感じさ。」

なるほど。。

 

「他にこれ以上うまく語れないけど、好きな男性の声を聞くと、僕は勃ってしまうんだ。女性が魅力的だと感じたことは一度もないよ。」のような旨の書き込みも。

 

「男性の声を聞くと、それがただ魅力的に聞こえるんだ。」
「彼らを見ることが出来ないとしても、僕は身体的に彼らを想像することが出来る。

視覚なんて、想像力で十分にカバー出来るようですね。

 

「セクシャリティーにかかわらず、ほとんどの人はセックスの時にライトを消して目を閉じてキスするでしょ?」「私たちは全部ビジュアルから来ていると勘違いしているけど、セックスをする際には、私たちがあまり考えもしないことが起こっているんだよ。」

【愛とは何か】

目が見えなくたって、恋愛は十分に楽しめるようです。
ひょっとすると”視覚”という余計な情報がない方が楽しめたりするのかも・・・。

愛とは一体何か。
そんな当たり前のことを、根本から考え直させてくれる良い投稿でした。

ばかうけと『メッセージ』:ハリウッド映画のプロモーション

【監督自身の発言が話題に】

2017年5月19日に公開されたヴィルヌーヴ監督の最新作『メッセージ』ですが、ネット上(主にツイッター)で変わった意味で盛り上がっていたので、紹介したいと思います。

ちなみに「ヴィルヌーヴ監督って誰?」って方に補足をすると、今年公開の続編 『ブレードランナー2049』を指揮する、世界でもホットな方のようです。(僕もブレードランナーの話題が出るまで知りませんでしたのでご安心ください。。)

【Twitter等SNSが発端】

今回Twitter等のSNSで話題になった流れを軽く説明すると・・・

1.映画『メッセージ』の宇宙船(上記サムネイルの右側)は
「柿の種」か「ばかうけ」か「ハッピーターン」どれにそっくりか、というTwitter民の他愛もない論争でそこそこ話題に。


2,日本のテレビ局のインタビューにヴィルヌーヴ監督自身宇宙船のデザインは”ばかうけ”から影響を受けた」とジョークで答え、さらに話題に。

3,またさらに面白いのが、ばかうけの製造元である株式会社栗山米菓が
映画『メッセージ』が”バカ受け”するように大ヒット祈願をした、という発表でダメ押し。

監督もばかうけの会社も器が広いというか、そういう部分をうまくプロモーションに活かすのは流石ですね。WIN-WINとはきっとこういうことなんでしょう。

 

【若者の西洋離れ】

西洋文化も珍しい存在ではなくなってきており、最近では「若者の西洋離れ」という言葉も出てくる始末。
ハリウッド映画を”どーん”とやるだけではもう稼げなくなってきたのか、
プロモーション・告知の方法も多種多様になってきています。

そのため、日本での海外映画のプロモーションは厳しい状況の中ながらも、様々な工夫を凝らしてなんとか興行収入をあげようと画策しています。

最近で例を挙げるとすれば、
ジェームズ・マカヴォイ主演のホラー映画『スプリット』がまさにそれにあたるでしょう。

映画のあらすじとしては、23人格を持つ男から、3人の女子高生が逃げ出すという話のですが、日本の芸人を起用し映画の内容とほぼ関係のない宣伝を行っています。
「23人でだるまさんが転んだをしろ!」というプロモーションが下記。

内容を見て、「え?」感じた人がほとんどでしょう。
23人であること意外、本当に関係ありません。

しかし、映画の内容が良かろうが悪かろうが、
やはり話題にならない限り、ブランドを持ち合わせていない映画がヒットする可能性は限りなく低いです。

そのため、「そんな安直な宣伝どうなの?」と言われようが、
ある程度シェアされる話題性のありそうな構造の広告にする必要が出てきます。
上記のような広告により、本来だと観るはずもなかった層を映画館へと足を運ばせることができるかもしれません。

(はてなブログ:今週のお題「おやつ」)

【Twitterがシネマを支える?】

ハリウッド映画といえども厳しい状況の映画界。
「邪道だ」という声もあるでしょうが、淡泊にいってしまえばあくまでビジネスなので、売れなきゃ成り立ちません。(とくにハリウッドでは。)
常識にとらわれない新しい手法でのプロモーションで映画業界をにぎわしてほしいものですね。
最近ばかうけ食べてない、という方もぜひおつまみにしてみてはいかがでしょうか。

栗山米菓 ばかうけアソート 40枚入

栗山米菓 ばかうけアソート 40枚入

火炎で縮毛矯正する美容師!? 思わず目を引くヘアカット

【燃えあがる髪の毛】

 Mohamed Hanafyという美容師の動画がちょっと衝撃的だったので、久々に動画の記事を軽く書いてみたいと思います。

今回紹介するのは、なんと炎で縮毛矯正を行うという美容師の映像。
まずは下記の動画をぜひ。

完全に火炎を少年の頭に吹きかけ調髪しています。ちょっと触れる程度でなく、がっつり頭に火を点けています。

美容師によると、普通の縮毛矯正よりもさらなる矯正効果があるらしく、効果もより長く続くとのこと。

しかも色落ちや枝毛を防止し、フケを取り除いてくれるそうです。

始めは「髪を燃やさないためは害はない」とお客さんを説得するのに苦労したようです。

ときたま、調髪されている少年が顔をしかめているのが気になりますが、熱くはないんでしょうか?
少年曰く、「火を点けられているとき、炎が髪を燃やしているわけではないと気づいたよ」とのこと。

調べてみると、髪を燃やして調髪するというのは上記以外にも存在し、
他にもサムライソード(日本刀)で髪を切る床屋もあったりするようです。

【ファイアーバーバー】

 この動画をみて、カービィのコピー能力「ファイアー」を思い出したのは自分だけじゃないはず。
うっかりお客さんの顔に炎を吹きかけてしまったりはしないのか心配です。
本当、世の中にはいろんな世界がありますね。

スポンサーリンク

サイト内検索対策