読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Lifehack等についてお伝えします。

【2017】「午前十時の映画祭8」上映作品リストが公開!

映画 トレンド

【名作をデジタル上映】

午前10時に昔の名作映画をデジタル上映するという
「午前十時の映画祭8」という企画の新しい上映リストが公開されました。

 

前回の2016年から2017年にかけて行われた「午前十時の映画祭7」では、
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPart1,2,3が全て上映されたことや、黒沢明の『七人の侍』リマスター版が公開されたことが話題になりました。


さて、今回の2017年~2018年にかけて行われる「午前十時の映画祭8」ではどんな作品が観られるのでしょうか?

【ショーシャンクやアメリも】

上映作品一覧はこちら。

1作品2週間上映を基本としながら、ゴールデンウィークと夏休みに1作品1週間上映の期間を設定。より多くの作品をご鑑賞いただけるようにいたしました。本映画祭としては今回初めて上映する外国映画16本、日本映画7本に、これまで上映した中で特に人気の高かった外国映画5本、合計28本をラインナップ。すべて高品質のデジタルシステム(DCP)で上映します。実施劇場も全国56劇場に拡大。さらにご覧いただきやすくなりました。 公式HP「実施概要」より

今回話題をさらいそうなのは、

  • 誰にでもおすすめできる 『ショーシャンクの空に』
  • ロビン・ウィリアムズ出演の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』
  • デビッド・ボウイ出演『戦場のメリークリスマス』
  • オードリー・ヘップバーン出演の『ローマの休日』辺りでしょうか。

個人的に気になるのはウッディ・アレン監督の『アニー・ホール』。
有名ですが、まだ観られてないんですよね。

宮本輝原作の『泥の河』は天神祭の時期が来る度に読むほど大好きな小説ですが、映画版はまだ観られてません。夏の大阪、川での少年交流を描いた名作。蟹が青く燃えるシーンなど映画でどう表現されるのか非常に楽しみです。思い入れが強いので、小説の書評もまた書きたいと思います。

『アメリ』は何度も見ていますが、色使いがとても綺麗なので、一度は劇場で観てみたい。映像が映えるにちがいないです。まだ観てない方には一番のおすすめ。

 

ヒッチコック監督の『裏窓』も絶対観にいきます。

個人的に『イヴの総て』『招かれざる客』『ギルバート・グレイプ』辺りも気になります。

【価格・値段は?】

価格は1作品につき、一般 1,100円/ 学生 500円(税込み)
かなりお得なお値段です。

実施劇場も全国56劇場に拡大されたため、地方でも気軽に観にいくことができるようになったのではないでしょうか?

【劇場へ!】

やっぱり映画は映画館でみてなんぼ。
大人でも1100円とお得な値段で観られるので、まだ観ていない作品がある方はぜひチェックしてみてください。


過去に書いたレビュー記事もぜひ。

『騎士団長殺し』村上春樹の新作を5章読んだ感想【ネタバレ含む】

村上春樹 書評

【画家の男が主人公】

 ついに村上春樹の最新作『騎士団長殺し(英題:Killing Commendatore)』が発売されました。

近くに深夜から発売しているところを見つけたので早速購入し、はじめの5章分ほど(約100ページ程度)を読んでみたので軽く紹介したいと思います。

極力余計なネタバレをしないように書いていますが、
今回ストーリーについては一切語られず発売されたため、どんな情報もネタばれとなってしまいます。
本を真っさらの状態で読みたいという方はこの先を読まないことをおすすめします。

『騎士団長殺し』って何?という方は下記の記事をどうぞ。

【あらすじ・ストーリー】

裏表紙に書かれているあらすじは下記のとおり。

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた・・・・・それは孤独で静謐な日々であるはずだった。 騎士団長が顕れるまでは。 『騎士団長殺し』背表紙より

 これだけストーリーをつかむのは難しいですが、「何が起きるんだろう」と期待させてくれるあらすじですね。

【表紙・背表紙・裏表紙】

単行本のデザインはこんな感じ。
「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」ともに剣が描かれたシンプルな表紙です。フォントも少し凝っていて良いですね。

騎士団長殺し表紙

背表紙

騎士団長殺し背表紙

裏表紙

騎士団長殺し背表紙

さっぱりとしたデザインです。緑・赤の色は何か意味が含まれているんでしょうか。

【レビュー・感想】

あくまで100ページほど読んだ時点での感想を書きたいと思います。

プロローグはダークな雰囲気で始まり、物語のスケールを感じさせてくれます。
「顔のない男」といういかにも村上ワールドな登場人物も現れたりなんかも。

今回のストーリーは画家の男が主人公。妻と離婚していろんな場所を移動したりで話が進んでいきます。「孤独な中年の男が主人公」という点は往年の村上春樹の作品でもよく見られるパターンだと思います。

画家が主人公ということで、雨田具彦という画家が書いた「騎士団長殺し」という題の絵がタイトルにもあるように、この本の大きなキーとなるでしょう。

雨田具彦という画家の名前が何度も出てくるので実際にいるのかと思って調べてみましたが、グーグルに全くヒットせず、あくまで物語上の人物だと思われます。

また、かなり序盤の方からセックスについて一部描かれる場面があり、性描写が苦手な方はちょっと抵抗感を示してしまうかもしれません。
(まあ性描写は村上春樹に限ったことではないのであまりとやかく言うのはどうかと思いますが。)

他の点に触れるとすれば、いつもの村上春樹の作品のように
ベートーヴェンやシューベルト等のクラシック音楽をはじめ、ローリング・ストーンズの「無情の世界(You Can't Always Get What You Want)」やらシェリル・クロウなど様々な音楽が登場します。

お得意のジャズが(100P読んだ時点では)まだ登場していない以外は、いつも通りと言えるでしょう。

やはり以前の記事でも触れたように、モーツァルトのオペラ『ドン・ジョバンニ』がストーリーに大きく関係しているようです。

「遠くから見ればおおかたのものごとは美しく見える」の章タイトルは「1073年のピンボール」を思い起こさせますし、他にも時折、「アンダーグラウンド」など昔の作品のエッセンスが感じられる部分があります。

【初めて読むという方にもおすすめ】

まだ5章ほどしか読んでいませんが、大きな「旋回」を期待させてくれるストーリーです。「おしゃれ感」は今回抑え目な気がするので、他の作品のような主人公のキザな言動が鼻につく、ということも少ないかと思われます。

冒頭だけでも村上春樹の世界観がたっぷり詰め込まれていますが
話自体はそれほど難解ではないので「はじめて村上春樹に挑戦する」という方にもおすすめできそうです。
気になった方はぜひ。

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

「Red Hill Mining Town」U2があの曲を再録?

音楽

【ヨシュア・ツリーの一曲】

イギリスの音楽雑誌『MOJO』で、『The Joshua Tree』からあの曲が再録されるという情報が掲載されたようです。

「あの曲」とはアルバム『』の6曲目に位置する「レッドヒルマイニングタウン」。

ライブでもあまり演奏されることはなく、おそらく他の曲と比べ知名度はそれほど高くない"渋い一曲"と言えるでしょう。
個人的にはアルバム『ヨシュア・ツリー』の中で三本の指に入るほど好きな曲なので、思わず記事を書いてしまいました。

【曲の内容】

イギリス炭鉱労働者のストライキを描いたのがこの「レッドヒルマイニングタウン」という曲。本来シングル・カットされる予定だったため炭鉱をイメージしたPVも存在します。

 U2のボーカルであるBono(ボノ)の力強いボーカルが、たまりません。
彼らのルックスは現在とは全然違いますね。
最後にギターのジ・エッジがカナリヤを炭鉱から放つシーンも◎。
(ちなみにカナリアは毒ガスを察知する警報装置としてよく炭鉱に持ち込まれたようです。そういえば、The Policeの曲に、「カナリアの悲劇」という曲がありましたね。)

歌詞もU2らしく男臭さに溢れています。

Through hands of steel
And heart of stone
Our labour day
Has come and gone.
(鋼の両手と/石の心で/我々の労働の日は/訪れては去っていった)

I'm hangin' on
You're all that's left to hold on to.
(僕はしがみついている/残されたのは君だけだ)

厳しい環境でも必死にしがみつく炭鉱労働者達の姿が思い浮かぶようです。

【新録はどうなる?】

この曲が発売されたのはもう30年も前。
昔のような太く力強い声は期待できないでしょうが、今の円熟のU2の演奏を早く聴いてみたいですね。

若干の古臭さは否めないので、それを一新するようなバージョンを期待したいところ。
似たような感じで再録しても意味がないので、思い切って打ち込みを入れたりするのかもしれない・・なんて色々考えてしまいますが、あくまで音楽誌に情報が載っただけなので、もう少し詳細を待ちたいと思います。

スポンサーリンク