読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のねじを巻くブログ

独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

スポーツ界のLGBTを描くドキュメンタリー映画『ゲームフェイス』

【ゲイ・トランスジェンダーもぜひ】

Netflixでドキュメンタリーのカテゴリをチェックしていると、
『ゲームフェイス』というタイトルに目を惹かれ、観ることに。
タイトルからは予想もつかない、なんとスポーツ界のセクシャルマイノリティに触れた映画のようです。

【Game Face概要あらすじ】

海外の公式サイトはこちら

 今回紹介する『ゲームフェイス(GAME FACE)』という映画は、
二人のトランスジェンダーに商店を当てたドキュメンタリー映画です。

映画の概要として、

・UFCを目指し総合格闘技で最初のトランスジェンダーとして活躍しているファロン・フォックス(M to Fのトランスジェンダー)

・NBA選手になることを夢見る、ゲイの高校生バスケットボール選手のテレンス・クレメンス
主に上記二人のストーリーが交互に描かれていきます。(他の選手についての紹介もあります。)

「UFCとは何?」って方はは軽く昔の記事で触れているので、気になる方はご参照ください。

【印象に残った部分・感想】

●総合格闘家のフォックス(M to Fのトランスジェンダー)

・コーチからも"公表するな’’と言われていたこと
・総合格闘技の試合も全然組むことが出来なかった。
・トランスジェンダーであることがメディアで痛烈に批判される

 

●ゲイのバスケットボールプレーヤーのクレメンス

・チームメイトと夢を掴むつもりが、ゲイであることがばれたためレギュラーから外される
・「うまいやり方がわからないーでも誰に聞ける?」
・(カミングアウトについて聞かれ)「慎重にならないとね。常におとぎ話とは限らない」という回答


プロ格闘家として初勝利を収めたインタビューでも、
憂鬱そうなフォックスの様子がかなり気にかかりました。
勝っても晴れないほどのストレスを抱えていたのでしょうか。

 他にも、ゲイのバスケットボールプレーヤーである、

Johnsonの「正直に生きていきたいーー結果がどうあれ。」
という言葉が強く心に残りました。

LGBTにあまり興味がない方でもこの映画を観ることで、
どういった部分にセクシャリティの人々が苦労してるのか、
そういった部分が少しでも理解できるのではないでしょうか。

いまや抽象的な枠組みになりつつある「性」という概念。
スポーツにしろ、政治にしろ、恋愛にしろ、
性という枠組みでで区別することが、難しくなってきています

今回映画に登場したファロン・フォックスも、
UFCに出場することは未だに認められていないようです。

「元々男だったのだから、女として闘うのはずるい」
「女性に性転換したのだから、女として認められるべき」

どちらの言い分も筋は通っているように思われます。

スポーツ界では当たり前のようにまかり通っている、
「男」か「女」という性の概念。 一度考えなおす必要があるのではないでしょうか。

【Netflixでぜひ】

今回紹介した『ゲームフェイス(原題:Game Facce)』はNetflixで観る以外にも、2016/4/30(土)に開催される第10回関西クィア映画祭でも上映されるようですので興味のある方は、GW初めのイベントとして訪れてみてはいかがでしょうか?