世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/Kindle/Lifehackなどについてお伝えします。

横尾忠則現代美術館に行ってきた【ヨコオ・ワールドツアー】

【アルバムジャケットも有名】

 先週、数年前からずっと行こうと思っており、「やりたいことリスト100」にも入っていた横尾忠則美術館に行ってきました。

横尾忠則さんの作品は「Y字路」シリーズや「三島由紀夫」のモチーフ画が有名な芸術家。
それだけでなく、ロックのアルバムアートワークで印象的な作品も創り上げています。

横尾忠則美術館ヨコオワールドツアー

僕が訪れた日は、
開館5周年を記念し「ヨコオ・ワールドツアー」の展示がおこなわれていました。


横尾忠則とえいば、あるものを独自に変換し、編集して自分の作品にモチーフとして取り込むという手法がよく用いられるのですが、その元ネタも豊富な海外旅行の経験から来たもののようです。

展示室の中は撮影不可なため写真はありませんが、どの絵も本当に強烈でした。

横尾忠則がピカソに影響されて描いた絵や、
インドに7回も訪れたことによる作風の変化など、意識の変遷が興味深く、
絵画に詳しくなくても、純粋に楽しめる美術館でした。

洞窟やリゾート地のイメージなど、何度も繰り返し使われるモチーフも
”異世界感”をくっきり切り取っており、その常識を飛び越えた視点にも感嘆させられました。

横尾さんはあの江戸川乱歩の著作にも影響も受けているそうで、
僕が横尾忠則の作品に惹かれるのはそういった”怪しい”魅力にあるのかもしれません。

絵画|コレクション 横尾忠則現代美術館

 

【Ayuoのスペシャルライブ】

ちょうど訪れた日に、サイケデリック・ムーブメント真っ只中のニューヨークで小中学生時代を過ごしたという音楽家Ayuoさんのイベントが開催されていました。

「子どもの目から見たサイケデリック文化」と題されたスペシャルライブ&トークショーで、当時Ayuoさんが学生でだった視点から見たドラッグカルチャーの話や、LSDをやった時の体験談など濃い内容のトークショー。

・日本ではサイケデリックバンドと認識されているドアーズは、当時のNYではどちらかというとアイドル扱いだった。

アメリカの大学でLSDをばらまき始めたのはCIA?→反戦運動が集中しすぎないように
という話も非常に印象的。

Ayuoさんオリジナルの曲やシドバレットの「Late Nights」やPrinceの曲まで披露。
無料のコンサートなのに40分間至福の体験でした。。

【王子動物園もおすすめ】

 横尾忠則現代美術館5周年を記念して行われる、
今回の「ヨコオ・ワールドツアー」展は2017年4月15日~8月20日まで。
まだまだ余裕があるので気になる方はぜひ。
ヨコオタダノリ美術館に行く予定の方は、すぐ近くにある
「神戸市立王子動物園」や「神戸文学館」もあわせて訪れてみてください。

横尾忠則さんといえば、下記のジャケットが特に有名ですね。

ロータスの伝説 完全版 -HYBRID 4.0-(完全生産限定盤)

ロータスの伝説 完全版 -HYBRID 4.0-(完全生産限定盤)

アガルタ

アガルタ

ミスチルのアルバムジャケットに関する記事もぜひ。