世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

スタンドアップコメディー本『Get Up Stand Up!』を読んだ感想

Saku Yanagawaさんの書籍

日本人としてスタンダップコメディアンの第一線にいるサクヤナガワ(柳川朔)さんが、
『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』という本を出版。

以前から「スタンダップコメディやってみたいなぁ」と思ってたので、
さっそく読んでみた感想をざっくり書いてみます。

感想・レビュー

本の内容として、まず1章では
"スタンダップコメディーとは何なのか?"

という基本的なところからしっかり書かれています。

 
コメディアンがマイク一本で舞台の上に立ち、ジョークを披露する芸能
と定義づけ、

そこからサクヤナガワさんのコメディ論が繰り広げられていきます。

 

また、スタンダップコメディの都はシカゴ ということも書かれており、

その歴史的背景や
日本の"第二の都市"が大阪だということを考慮すると確かにそうなのかもと納得。
(僕はてっきりニューヨークかと思ってました)

 

スタンダップコメディアンが、映画やドラマにすんなりキャリアを移行させている理由は、「脚本」「演出」「俳優」としての能力を同時に求められていることに起因しているから、というのは納得で、

TANさんに詳しく教えてもらったセスローゲンあたりは
まさにそんな経験をガンガン活かしている気がします。

 

セス・ローゲンのヒラリティー・フォー・チャリティーを見た感想

 

 スタンダップコメディの魅力として、
その人独自の視点を知れることにある と書かれており、

ユニークであればあるほど強みを生かるということも
アジア系やLGBTのコメディアンが台頭している理由のひとつなんだと思いました。

 

 

2章では、
Saku Yanagawaさん自身のプロフィールやスタンダップコメディアンの世界に入ったきっかけなどについて熱く語られてます。

スタンドアップコメディー本『Get Up Stand Up!』

年齢も自分と近く、関西人ということもあってか、好感度が爆上げ。
コメディだけでなく学生時代は野球でも大活躍されてたそうです。

 

 

3章では、スタンダップコメディーのネタの作り方なども解説。

毎朝、新聞を8紙読んでいるらしく、インプットの量がやはり段違いなんですね。

あえて「アウェイを訪ねる」というのは自分も心がけたいなと。

 

 

4章のスタンダップコメディ最前線という章では、

実際にアメリカでショーをたくさん経験されているSakuさんが
スタンダップコメディーの動向をわかりやすくまとめておられます。


ウォークカルチャーやキャンセルカルチャーがコメディに与えた影響
についても書かれており、なかなか興味深かったです。

 

ポッドキャストでも少し話しましたが、
ライターが訴えられた際に訴訟の準備を手伝ってくれるサービスがでてきたように

コメディアンを訴訟から守ってくれる仕組みが出てきたりするのかも?
とふと思いました。

「傷つけない笑い」なんて毒にも薬にもならない
という意志の強さにプロ意識がさすがだな、と。

 

 

5章ではポストコロナのコメディについても言及。

著者のサクヤナガワさんは、NHKや
アトロクのポッドキャストでも何度か登場されてたりしますがそちらの方が
雰囲気つかめるかもしれません。

 

 

6章の 今後の夢と目標 の章では、

やりたいことリスト的な感じで明確な目標が書かれていて、
すごく刺激を受けました。

どれもばっちり達成するんだろうなぁと思わさせてくれます。

www.nejimakiblog.com

 

 

最後の章のセルフライナーノーツでは、
自身のショーをもとに、
日本語では理解が難しいネタを解説してくれたりもする親切な設計。

 

・・・こんな感じでスタンダップコメディーのいろはがわかる『ゲットアップスタンダップわ』でした。

 

あえて読者の視点で欲をいえば、

スタンダップコメディーの構成の仕方を解説する
「実践編」みたいなものがあったら読んでみたいなと思いました。

あとは初心者向けにおすすめのStandup Comedyのショーを
リストアップしてくれてたりすると初めての方でも入りやすかったかも?

 
大阪にも来られているようなので、いつかは日本で生のライブを観てみたいな~。

Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!

Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!

  • 作者:Saku Yanagawa
  • 発売日: 2021/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ポッドキャストやってます。
音楽・映画、ゲイライフについて熱く語る番組。

iPhoneで聴く:


Spotifyで聴く:

スポティファイポッドキャストねじまきラジオ

 

コラボ回のポッドキャスト配信しました!!

・スタンダップコメディーの魅力を語る with Saku Yanagawaさん Part1 | 世界のねじを巻くラジオ

・Saku Yanagawaさんゲスト回 Part2 | 世界のねじを巻くラジオ