世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。現在、世界一周旅行中。

『ザイオン(ZION)』下半身がないレスリング選手の話

【Netflixオリジナル作品】

ネットフリックスで新着動画を見ていると、あるドキュメンタリーに目を惹かれました。

今回紹介するのは 『ザイオン(ZION)』という、生まれつき下半身がないレスリング選手についての短編ドキュメンタリー。

あらすじとしては、生まれたときから下肢を持たず、長い間里親の家を転々として育ったザイオン・クラーク(Zion Clark)という男性が、レスリングを通して人生を歩んでいく、という話。

 11分で見られるドキュメンタリーなので、さっそく見た感想を書きたいと思います。

【レスリング競技を通じて】

トレイラー(予告)はこちら。

タイトルにもあるザイオンって特徴的な名前だな、と思って調べてみると、
どうやら聖書の"シオンの丘"として登場する山から取られたようですね。

全編を通して、主人公のザイオンの真っ直ぐな気持ちに胸を揺さぶられるばかり。

生まれつきだから 他の状態はしらない これが普通なんだ

という言葉が非常に印象深かったです。


他にも驚いたのが、レスリングって実は最古のスポーツだということ。
なんと聖書にも出てくる競技だそうです。(そんな場面あったっけ?)

 

予告編にもチラッと写る、腕立てのシーンも衝撃的。
確かにあそこまで腕が強ければ、十二分に活躍できるでしょう。


途中でジャック・ゴーマンという選手との試合の様子が流れるのですが、
腕がバネのように強く、ピンチになっても、ビョン、という感じでエスケープする動きが凄すぎます。
下肢がないというのは、「掴まれにくい」という意味で非常に有利かもしれません。

 

私の最大の成功の一つがザイオンだ

という監督の言葉もいいですね。

 

ブラジリアン柔術をやっている身としては、
階級はやっぱり最軽量で出るのかな? とその辺が気になったりもします。

日本にいると、どうしても乙武さんが思い出されますが、
あの方も色々されていて、ハンデなんて言葉を吹っ飛ばす勢いで活躍されてます。

僕も負けずに色々やらなきゃ、ですね。

【短編映画が観たい】

いかがだったでしょうか?
11分で観られるので、忙しい方にもおすすめのスポーツドキュメンタリーです。

Netflixは、まだまだ短編映画が少ないので、
このような心揺さぶられる作品も増えていけばいいですね。

ポッドキャストはじめました。
ネットフリックスとHuluとの違いについても熱く語ってます。
iPhone/iTunesで聴く→ 

世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

  • ねじまきラジオ
  • セクシャリティ
  • ¥0

Androidで聴く→ https://www.google.com/podcasts?feed=aHR0cHM6Ly9uZWppbWFraS1yYWRpby5jb20vZmVlZC8%3D
「世界のねじを巻くラジオ」で検索!

Netflix or Hulu? 動画配信サービスの戦争 #021 | 世界のねじを巻くラジオ