世界のねじを巻くブログ

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

obyというブログ下書き応援サービスがおもしろそう。

オビーの「書くかもリスト」

Twitterで見かけた「oby」がなかなか面白そうなので軽く紹介。

ひとことで言うと「読みたい人が現れてから書き始める」という仕組みを提供してくれるサービスとのこと。

 

読まれる記事だけ書ける新サービス「oby(オビー)」正式リリース|obyのプレスリリース

 

ブログ記事は書き終わったら自分のタイミングで公開するのが普通ですが、

obyを使うと
先に書きたいことを40字で公開しておき、
読みたい人が集まってから公開するということができます。

画面はこんな感じ。
まんまnoteみたいなデザインですね。

obyの書くかもリスト

 

書く側のモチベーションになるだけでなく、
”読み手側としても応援できる”のがいい感じ。

読者は単純に「読みたい」をクリックするだけ

www.nejimakiblog.com

 

実際アカウントをつくっていろんな「書くかもリスト」をみてみると、
みんな色んな視点があるんだなぁというのを知れて楽しめます。

 

まだ正式サービスが始まったばかりなので
それほどたくさん文章が公開された。というわけではなさそうですが、
いままでになかった形のサービスだなと感心しました。

 

ひとつ思ったのが、ブログ記事や文章だけじゃなく、
PodcastやYoutubeの公開にも使えるんじゃないか、
と思ったりするんですがどうなんでしょうか?

 

自分はわりかしブログやポッドキャストで
自分の書きたいこと・話したいことを延々と書くのみなので、
正直あまり周りの声は気にしないのですが、

「書くかもリスト」的な下書きは山ほどあるので、
使ってみようかなと思いました。

思わぬ需要があったりするかもしれないですし。

 

記事が公開されると「読みたい」したユーザーに記事のリンクがお知らせされる仕様
なので、放置されずにちゃんと読んでくれるかもしれません。

 

特にブログを始めたばかりの方とかだと、
obyを使えば書くモチベーションが上がるはず。

 

あとひとついいな、と思ったのは、
パスワードなしのログインができる仕組みなので、
(Substackもこんな感じだったかと)
メールアドレスさえあればログインできるのが◎

 

つい最近正式リリースされたばかりでまだまだ発展する余地はありそうですが、
ブロガーならはぜひ試してみては。

oby.jp