世界のねじを巻くブログ@世界一周

ゲイが独自の視点で、海外記事/映画/書評/音楽/電子書籍/Lifehack/Podcastなどについてお伝えします。

趣味一覧を見て個人的に気になった娯楽25選

【大人の遊び】

 ひさびさに「やりたいことリスト100」関連のブログ記事。

noteの「趣味一覧」という記事をふと目にしていると、
やりたいことが沢山増えてきたので、一旦まとめてみたいと思います。

www.nejimakiblog.com

【モールス信号からミョウバンまで】 

 

・DAZN(ダゾーン)でスポーツ観戦

サッカー・野球への関心が薄いので

UFCやら格闘技のラインナップが充実してきたら1か月ぐらいは入会しようと思ってますがいまのところうーんという感じ。

今年は厳しそうですが、F1観戦とかもしてみたいですねし。

 

 

アフレコ・アテレコ

ホットペッパー的な試みをしてみたいとずっと思ってます。

 

Podcastのおかげで、
マイクなど収録機器はそろっているので、
2020年中には挑戦してみたいですね。

 

これは以前からやりたかったので、
近いうちに「やりたいことリスト」にいれたいと思います。

 

・カポエイラ・カポエラ

ブラジリアン柔術とならぶほど有名な、
ブラジルの格闘技カポエラ。

ブラジルにいった際、観ようかと思ったのですが、
予定があわず、
結局本場のカポエラーは見れずじまいでした。

 

バックで鳴る音楽にも興味があるので、
一度体験するぐらいのことはしてみようかなと。 

 

 

・カヤック

 アクティブかつおしゃれで最高の趣味、

・・・だとは思うのですが、
 ハードルがやたらと高いですよね。

経験者と一緒に川を悠々と漕いでみたいです。

 

 

・貨幣収集  

 世界一周旅行中に色んなコインや紙幣をみてきましたが、
コレクションにはまさに最適だと思います。

ペルーやブラジルなど南米の貨幣は
最高にクールなので一度ご覧あれ。 

 

・キノコ狩り

実用的で、話のネタにもなりそうかな、と。 

ひとめで判断して
「これは鍋で食べるとウマいんだよ」
とか言ってみたい。

 

・ギリシャ神話研究

アテネに行ったとき、ギリシア神話をいろいろ読んでいたのですが、
破天荒な物語ばかりで、
研究のしがいがありそうです。

 

・サンバ

リオデジャネイロのサンバに参加して

”踊る”ということの概念が大きく変わりました。

 

身体からスッと自然に動きが出るレベルまでなれたら
違う世界が見えそうです。

 

 

・山菜狩り

 きのこ狩りと同じく。
新鮮なゼンマイを食べてみたい。

 

・狩猟・ハンティング

男のロマン、ですがこれはハードル高すぎて
口だけで終わってしまいそうです。笑

 

・トーストアート

最近知った趣味なんですが、
洋風”キャラ弁”って感じですかね。

 

パンの概念を越えて、
なんかもうすごいことになっているので、
Instagramなどで検索してみてください。

 

・地元サポーター

 地域を活性化させる、的なやつはわりかし昔から興味あります。

 

・廃墟めぐり

廃工場とかほんとにやってみたい。

 

・ビオトープ

やってみたいですが、現実的には場所的な問題で厳しそう。

 

・ファストドロウ

ダーツとは違う魅力があって楽しそう。
だけど近くにやる場所はあるのかな??

 

・ブルースハープ

マイナー楽器っていいよね。

 

・プロレス観戦

コロナが落ち着いたら行こうと思ってます。 
こういうのは会場のノリがあってなんぼのものかと。

 

・ミョウバンの結晶

 なんかもうすごくニッチな趣味ですが、
奥深くて面白そうなのでいちおう列挙。

 

・モールス通信

映画や小説にバンバン出てくるので、
習得できたらなぁと小学生ぐらいのときから思ってます。

生存率が5%ぐらいあがりそうです笑

 

・薬膳茶(やくぜんちゃ)

風変わりなお茶、わりかし好きだったり。
中華料理とかにあいそうな複雑な味のお茶を作ってみたいです。

 

・ボイスパーカッション

DTMと合わせて、挑戦して損はないかなぁと思ってます。

 

・旅スケッチ

絵はほんっとに下手なんですが、
世界一周旅行中のお気に入りの場面を、
スケッチしようかとは思ってます。

 

・レッドビーシュリンプ

要するにミニアクアリウムですね。
エビかわいい、と思うタイプなので、
これは真面目にやってみたいかも。

 

・ロックバランシング

アメリカのZenブームとともに数年前流行ったやつですよね。

一度は積んでみたいと思ってました。

ジェンガさえ苦手なので、厳しいかもしれませんが・・・笑

 

・・という感じで、
仕事疲れを忘れるために、
未知の趣味を探して現実逃避してました。

 参考にしたのはこちらのnote。

ほんとにやりたいな、って思ったやつは
死ぬまでにやりたいことリスト100」の中にいれておこうと思います。

 

みなさんのバケットリスト100に追加してみてはいかがでしょうか?

www.nejimakiblog.com

www.nejimakiblog.com

令和元年のやりたいことリスト振り返り & 2020年の抱負

2019年のバケットリスト

令和一年もあと少しでおわり。
最近「死ぬまでにやりたいことリスト」についてブログ記事を書けてなかったので、
2019年に達成したことを総振り返りをしたいと思います。

 

世界一周旅行をする

西回りで半年かけて世界一周。

 書いた時点では、
「年を取ってからできたら良いな」ぐらいのつもりで書いたのですが、
かなり無理さえすれば、ほんとに出来ちゃいました。

いちおうこちらにまとめていて、
時間があるときに少しずつ更新しようと思ってます。

世界一周旅行記事まとめ | 世界のねじを巻くラジオ

 

落語(寄席)を生でみる

リニューアルされた大阪の繫昌亭に行ってきました。

これも後日記事をかけたらな、と。

落語はポッドキャストやYoutubeで音源を聞くばかりの落語でしたが、
初めての生落語はやっぱり違いましたね。

 

 

サブブログを運営してみる

仕事関連のも含めいくつかブログやってますが、
人に見せられるのはこれぐらい。

世界のねじを巻くラジオ

主にポッドキャストのことを書いているサブブログをやってます。

 

一眼レフを購入し、こだわりの写真を取れるようになる

いろんなところに訪れたので、写真の腕も上がった気がします。
世界一周旅行で撮った写真はこの辺にまとめようかと思ってます。
アイルランド旅行 写真まとめ(ダブリン・ゴールウェイ)

スコットランド旅行写真まとめ【エディンバラ・グラスゴー】

 

ワイン農家に行き、ワインを飲み回す

ワイヘケ島のワイナリーにて、
非常にリーズナブルな価格でニュージーランドワインを飲めました。

観光客も少なく、自由にワイン畑のまわりを歩き回って
みられたのも◎

 

日本の山梨のワイナリーとかも行ってみたいな、とも思ったり。

 

 

映画『ハングオーバー』のようなハチャメチャな夜を過ごしてみる

はっきりとは書けませんが、
もうハチャメチャな夜を過ごしました。
いつかポッドキャストで話せたらいいな笑

 

ブラジルのコルコバードと手を広げて写真を撮る

憧れのコルコバードと写真撮れました。
ちょうど日本人観光客の方と友達になったのですが、
元気してるのかな?

 

 

タイの本場のパッタイを食べる

これも
安くてうまいパッタイ。

f:id:popmusik3141:20191227010839j:image

 

ベトナムで本場のフォーを食べる 

ベトナム料理といえば米麺のフォー。

安いのでホーチミンで何度も食べてました。
フォー以外の料理がめちゃくちゃうますぎて、もう一度行きたい国。

 

Geocachingをやってみる

GPSを利用したゲーム「ゲオキャッシング」をニュージーランドのワイヘケ島で初体験。

箱を開けてみると蜘蛛のゴムおもちゃが入ってました笑

ネットとリアルが繋がるいい思い出です。ゆるーく続いて欲しい文化ですね。

 

俳句を詠む / 短歌を詠む

世界一周旅行中に俳句や短歌を少しずつ詠んでたりします。

ほんとに稚拙なものですが、ポッドキャストかブログでいつか発表しようかと思います。

 

2020年の目標

やりたいことリストの振り返りはこのへんにして、次は2020年の抱負を書いてみます。

 

天神祭りに行く

宮本輝の『泥の河』にも登場する大阪のお祭り。

毎年行こう、と思って5年目ぐらいですが、
天神さんに避けられているのか、仕事が入ったり、東京の友人が突然やってきたり、とちょうどイベントが重なり、いまだに行けてません。

2020年こそは天神祭に行こうと思います。

 

お洒落なオイスターバーで牡蠣を食べる

これもまだ達成出来てません。

氷の上に牡蠣の殻が乗ってるようなオシャレなオイスターバーで食べてみたいという。

高そうなので一つ二つでいいかな笑

梅田とかにいくつかあるので誰か一緒に行きませんか?笑

 

CoCo壱番屋で贅沢にトッピングを頼んでみる

これ中学生ぐらいの頃からやりたいと思っているんですが、
いまだにやったことがないという
しょーもないバケットリストですが、2020年こそは。笑

 

小説を書く

2020年こそ小説を書いて出版する予定です。

”五感をテーマにした短編小説集"を書いてる途中ですがなかなか書ききれず…。
キンドルで出す予定なのでお楽しみに。

 

トライアスロンの大会に出る 

東京オリンピックもあるので、今年はトライアスロンに挑戦しようかと。

ランニング、バイクはなんとか行けそうなので、

とりあえずタイムの遅い水泳をなんとかしないとダメですね。

最近全然練習できてないので1月中頃から真面目に泳ごうかと思います。

 

DTMで作曲をしてみる

環境は整ったので、
あとはやり方を覚えて練習あるのみ。
いつかは披露したいと思います。

 

ちゃんと休む

慢性的に睡眠不足だったこともあり、ちゃんと寝ようと決めました。

 

 

とりあえずはこんなところかな。

 

”やりたいことリスト”、一見バカバカしいと思うかもしれませんが、
実際に文字にして書いておくと、実際に行動に移す率がアップするかと思います。

"今年の抱負"のようなシンプルなものでもいいので、
実際に書き起こしてみてはいかがでしょうか?

www.nejimakiblog.com

今週のお題「2020年の抱負」

「令和元年の夏休み」にやりたいことリスト【2019年夏】

れいわ初のお盆休み

夏休みはじまりましたね。
今年は世界一周旅行をしたところなので、旅行は我慢しようかな~と。

去年はこんなこと書いてました。

2018年のお盆休みにやりたいことリスト10 - 世界のねじを巻くブログ

今年2019年は"令和初の夏休み"。

恒例の「やりたいことリスト」を軽く書いてみたいと思います。

 

サマソニ2019に行く

今年のサマソニは20周年!

とりあえずレッチリ・ヤバTが見たいですね。

台風10号が怪しい動きをしてるのがかなり心配です…
中止になったら楽しみの一つがなくなるのでどうしよう。。

いつも東にズレて日本を外れてくれるので、それを願うのみ。
Youtube配信もされるので、興味のある方はぜひチェックを。

 

Kindleの積ん読を消費する

長期休暇はキンドルで読書三昧。

動物行動経済学に関する「ソロモンの指環」や開高健の長編、男性向け雑誌などを読みつぶそうと思います。

 

Podcastを収録する

ポッドキャストも話したいことが山積み。

世界一周旅行の話や、
名曲紹介コーナー、
LGBT関連のインタビュー回をひとつ、収録予定です。

最近、おすすめ本紹介コーナーもつくろうと思ってますが何しろ時間がない。。。

※「ねじまきラジオ」では、話して欲しいテーマやゲスト大募集中です!

エピソード一覧 (Episode List) | 世界のねじを巻くラジオ

 

長い映画を一本観る

映画はたくさん観てるのですが、3時間越えの映画になると、有名な映画でも見てないのがたくさんあります。

『ベンハー』か『スパルタカス』『アビエイター』あたりでも見ようかな、と。

長くておすすめの映画があればコメントで教えて頂ければ幸いです。

 

ゲイ活する

最近活発なゲイポッドキャスト界隈

上で書いたのとは別に、
近日中にとあるゲイポッドキャスターさんと収録予定です。
お盆明けには公開予定なので、乞うご期待!笑

他のはてなブログの方も、ポッドキャストを始められたようなので、少しずつ盛り上がってくれればいいなと思います。

ゲイポッドキャスターがPodcast界を動かす日も来るのかも。

他のゲイ活として、
関西のゲイコミュニティーにも久しぶりに顔を出そうかなと。
 

やりたいことリストをひとつ達成する

このブログでなんども紹介している「死ぬまでにやりたいことリスト100」。

www.nejimakiblog.com

お盆休みの間に、せめて一つぐらいはこなしたいところです。
達成の可能性が高そうなのは
「落語(寄席)にいく」
「CoCo壱番屋で贅沢にトッピングを頼んでみる」
「Wikipediaで記事を編集してみる」
「俳句を書く」

こんなもんかな~。

とりあえずサマソニ2019が楽しみで仕方がないです。
前の会社の同期とお互いの変化を語り合うのも楽しみですね。

 

今年の暑さはなかなかのものなので、熱中症にはお気をつけて。 

よい夏休みを!!

ポッドキャストやってます!

iPhone/iTunesで聴く→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en 

Spotifyで聴く→ https://open.spotify.com/show/6ComJ7U0Y0yJ9DM1eEt9jj
「世界のねじを巻くラジオ」で検索を。

今週のお題「夏休み」

サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」の感想- 世界のねじを巻くラジオ

2019年にやりたいことリスト【新年の抱負】

【新年の目標】

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
お正月、いかがお過ごしだったでしょうか?

僕の新年は「新年の鐘が鳴っている間に、ブドウを12粒食べる」というバスク地方の風習で幕を開けました。
お雑煮が食べられないのが残念ですが、これもこれで興味深かったです。

既にいろんな方が2019年の目標を書かれていて、
今更感が満載なのは承知なのですが、書き残すこと自体に意味あると思うので、
僕も新年の目標を書いておこうと思います。

今週のお題「2019年の抱負」

【やりたいことリスト2019】

・・とわざわざ記事にしてみましたが、
2019年のやりたいことリストとしては、
基本的に記事の内容としてほぼ近い内容になります。

世界一周旅行はじめました!目標・やりたいこと10個まとめ

 

この中でも、やっぱり本を一度は書いてみたいというのが一番大きいですね。

実は、時間が空いたときにちょこちょこ構想を練ってたりもします。
おそらく短編小説になるかと思います。
「短編ならすぐできる」と思ってましたが、実際に"モノにする"ってほんとに難しいです。

2019年中に完成出来たら、と思いますが、なかなか納得のいくものを書くのは難しいですね。せっかく目標として書いたので、なんとか書き上げたいと思います。

コンスタントに小説を書いてる小説家って、ほんとどんな頭の構造してるんだろな、と。

 

DTM(パソコンでの作曲)に関しても、全くの知識ゼロ状態なので、Youtubeの動画をみたりして少しずつ音楽の作り方を学んでたりします。
楽器もほぼできないので、前途多難ですが、一曲作ることを目標にやっていきたいと思います。

運動を続ける
というのはなんだかんだ問題なく続けられるかと思います。
ランニングは靴さえあればいつでもひとりでもできるので、最高ですね。

 

 

読書についても、旅行中もKindle Unlimited などで本を自由に読めるので、こちらも問題ないかと。
読書ノートも溜まってきているので、書評もたくさん書いていきたいと思います。

 

Pythonの勉強については、バタバタが続き、しばらく勉強できてません。
仕事の効率化だけではちょっと寂しいので、何かしらモノにしてみたいな、とも思ってます。
もし何か作れたらこのブログでも公開したいですね。

プログラミングに詳しい方や、「最近はじめました」という方がおられれば、気軽に声をかけていただければ幸いです。

【去年の振り返り】

最後に、軽く去年の目標の振り返り。2018年はこんなことを書いてました。

2018年にやりたいことリストを書いてみた【新年の抱負】

 

「ボクシングをはじめる」(旅行中なのでストップ)
「DTMをはじめる」
「新宿二丁目デビュー」(お昼なのでガラガラでした。もう一回行きたい)
「五感を鍛える」
「ポッドキャストをはじめる」

等々、なんだかんだ意外と達成できてる気がします。

 

達成できてないこととして、

「鍼灸を受けてみる」ついては、
書いた当時、マッサージみたいに手軽に受けられるものかと思ってました。
(↑ど阿保)
思った以上に医療的なもののようなので、これはまだやったことがありません。

こればっかりは無理にやるようなものでもないので、
体の不調が発生したときに、一度頼ってみようかと思います。
あんな針を皮膚に直接刺すのに体の治療になるっていうのを、
自分の体で体験したみたいのです。

 

「お洒落なオイスターバーで牡蠣を食べる」
に関しても、
"牡蠣小屋"的な「キタナうまい」牡蠣屋さんでは食べたのですが、
オシャンティーな場所ではいまだに食べたことがないので未達成。

海外だと日本に比べると安いので、
こちらで軽くオイスターバーに行こうかな、と思ってますが、食中毒が怖いジレンマ
「これだ!」って場所があればチャレンジしてみます。

 

そんなこんなで2019年も幕を開けました。 

よそから見ればあほらしい、のかもしれませんが、
なんだかんだ「書き留めておく」って効果的な気がします。

みなさんも、ブログ記事に書かずとも、メモ帳の最後のページににでも、
「2019年の目標」を書き残してみてはいかがでしょうか。

ポッドキャストやってます。

iPhone/iTunesで聴く→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en 

Spotifyで聴く→https://open.spotify.com/show/6ComJ7U0Y0yJ9DM1eEt9jj?si=FlR5lp6VTQuDe86DH125VA

「世界のねじを巻くラジオ」で検索を!

お題「今年やりたいことリスト100」

2018年のお盆休みにやりたいことリスト10

【平成最後の夏】

今日からお盆がはじまります。

今年は"平成最後の夏"。みなさん、どうお過ごしでしょうか
気づいたら連休が終わっていた、なんてことがないよう、休みのあいだにやっておきたいことを軽く書いておこうと思います。

【やりたいことリスト】

ウェイクボードを体験する

友人と行くことになりました。
ウェイクボード、僕もつい最近知りましたが こんなやつです。


まあ一回目なので、もちろんこんなカッコよくは出来ずに、せいぜい立てるようになるぐらいだとは思いますが、楽しんでこようと思います。

※追記:さっそく体験してきました。

ウェイクボード/フライボードを体験してきた #016 | 世界のねじを巻くラジオ

 

ペーパーレス化

Evernoteのキャンペーンで、「ix100」というスキャナーをゲットしたので、
部屋にある紙をしこたまスキャンし、できる限りペーパーレス化したいなと思っています。
仕事で貯まった名刺も一気にデジタル化しようかと。

 

ブログをHTTPS化する

はてなブログもついにSSL通信に対応。
そろそろやらねば、と思いつつずっと放置してきたので、このお盆にはやるつもり。
正直、ちょっと大変ですね。

 

ポッドキャストの収録

最近はじめたポッドキャスト。

時間に余裕がある間に録りためておければな、と思ってます。
なにかリクエストとかあれば、気軽にTwitterまでご連絡ください。

 

写真を撮りにいく

どこかにいって、綺麗な写真を撮りたいですね。
自然溢れる写真を撮ろうかなと考えてます。
理想は屋久島なんですが、今からはちょっと間に合いません。

 

Pythonの勉強

プログラミング言語であるパイソンをちょっと真面目にやってみようかな、と思っています。
基礎からじっくりゆっくり進めていく予定です。
(どなたか教えてください!笑)

 

サマソニに行く

ソニマニかサマソニ、どちらかに行こうかと考えてます。
Beckかマイブラ、どっちをとろうか・・。
ソニマニを大阪でやってくれれば間違いなくそっちを選ぶのですが、
あとは友人の都合をみて決めたいと思います。

 

本を読む&読書ノートをまとめる

Kindleやブックオフで買った大量の積ん読が貯まってるので、お盆の間にできるだけ消化したいところ。 

また、今まで読んだあと読書メモが大量に残っているのですが、
読み終えたままそのままなので、ちょっとまとめてみようかなと。
9月には週一ぐらいの頻度で書評記事を投稿できたらな、と思ってます。

 

映画を観まくる

ウィッシュリストに入っている映画を消化しまくろうかと思ってます。
Netflixのマイリストは増える一方です・・。
ロッキーシリーズゲイ映画あたりを観たいですね。

※追記(2018.08.19):話題の映画『カメラを止めるな!』を観てきました!

『カメラを止めるな!』を観た感想&舞台挨拶 #016 | 世界のねじを巻くラジオ

 

やりたいことリストをひとつ達成する

このブログで何度も書いてきた「やりたいことリスト100」について。
「お洒落なオイスターバーで牡蠣を食べる」あたりは仕事中に腹を下すと困るので
なかなか出来ませんでしたが、このお盆でやってみようかな、と。

【体調に気をつけて】

いかがだったでしょうか? 
みなさんも無理をせず、からだには気を遣いながら、
充実したプライベートを送って頂ければ幸いです。

ポッドキャストやってます!

iPhone/iTunesで聴く→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en 

Spotifyで聴く→ https://open.spotify.com/show/6ComJ7U0Y0yJ9DM1eEt9jj
「世界のねじを巻くラジオ」で検索を。
世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

 

新年度は「やりたいことリスト」を作ると人生楽しくなるかも

【2018年度からスタートしてみては?】

みなさんは「やりたいことリスト」はごぞんじでしょうか?
充実した2018年度のスタートを切るために、やりたいことリストをまとめてみることをおすすめします。
"バケットリスト"なんて名前もあるようですが、やることはほんとに簡単。

ただやりたいことをリストに羅列していくのみ。
ノートや手帳をお持ちの方は手書きで、Evernoteなどのサービスを使っている方はデジタルで管理してもよいでしょう。

新年度という絶好の機会に、やりたいことリストをまとめてみましょう。

【バケットリストのメリット】

 ここで、バケットリストを書くメリットをいくつかあげてみたいと思います。

 何度でも見返せる

やりたかったことをまとめておくと、なんども見返すことができます。
ほんとはやりたかったけど、「いつの間にかやり忘れそのままやらずじまい」、なんてこともなくなります。
「やりたいな~」というまま放っておくのはもったいない、と個人的には思うのです。

 

モチベーションの維持に

仕事やプライベートでも、たまに何もしたくなくなる時ってありますよね?
そんな無気力なときこのバケットリストを見返すとワクワクするしますし、気分が落ち込んでいるときもまだオチオチ死んでられないなと活気を取り戻せます。
辛いことも、なにかやるべき目標があれば、なんとか乗り越えることができます。

 

思わぬこともできるように

 「ちょっと自分には厳しいかなあ」と躊躇してしまうようなことも、「えいや!」と書いてみると、いつのまにかホントにできるようになってきます。

実は3月からボクシングを始めたのですが、
正直、ついこの間までボクシングなんてホントに始めると思ってませんでした。
一年後ぐらいに一度試合とかも出てみたいですね。

 

新しい世界が広がる

バケットリストをかくと、視野がほんとに広がります。
「できたらかっこいいな~」なんて思い、「DTMで一曲つくってみる」なんて入リストを作りましたが、質の高いものを求めさえしなければ楽器ができない僕でも一曲ぐらい簡単に作れそうです。
最近始めたばかりなので、今年中には一曲書いてみたいと思います。

「自分一人で仮想的なバンドを組み、自由に演奏させることができる」
そんな凄いものがあったのかと、ワクワクが止まりません。
音楽好きなら無料のソフトでも十分楽しめるので、一度はトライしてみることをおすすめします。

今まで音楽を「聴く」ことしかしていなかったのに、「作る」こともできるなんて。
ほんとにやろうと思いさえすれば、なんでも出来てしまうことに気づけるかもしれません。

さらに興味が広がる

上で挙げたDTMがいい例ですが、
DTMをはじめるとパソコンだけでなく、次は楽器に手を出したくなります。
とりあえず昔挫折してしまったキーボードも、腰を据えてやりたいと思います。

 

次にやることへのハードルが下がる

好きなことにチャレンジできるので、色んなことにトライできます。
そうすると「やってみればなんとかなる」的な考えがつくので、次にやることへのハードルが下がります。
若いうちに、色々手を出してみるのは良いことだと思います。
自分で勝手に作った目標なので、失敗しても誰も気にしないところも、メリットのひとつかもしれません。

達成感を得られる

今まで達成したことリストを見返すと、ちょっとした満足感に浸れます。笑
傍から見ているとあくまで自己満足にすぎないのかもしれませんが、積み重ねると、やっぱり色々やってきたんだ、という自信にも繋がります。
毎日同じことを繰り返す生活に飽きてきた人にも本当におすすめです。

【新生活のスタートに】

いかがだったでしょうか?
 2018年ももう四分の一すぎてしまったことに驚きですが、充実した新年度をスタートするために、みなさんもバケットリストをまとめてみてはいかがでしょうか?

「やらないことリスト」の記事もどうぞ。

『ジュマンジ2』人生初の試写会でびっくりしたこと

【IMAX3D@エキスポシティ】

大阪の109シネマズ@EXPOCITYで人生初の試写会に行ってきました!!

何気なく応募したTwitterのキャンペーンに無事当選。
平日の18:30、ホワイトデーに男二人で『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の試写会へ向かいました。

試写会というと、映画評論家やメディア関係の方など”特殊な人”でないと行けないイメージだったのですが、初めて応募した試写会がいきなりあたって喜び勇んでの参加でした。せっかく招待していただいたので、軽く感想を書きたいと思います。

【アイマックス版 レビュー】

 試写会の招待状って、てっきり「簡素なハガキが届くのかな?」ぐらいに思ってたのですが、ド派手な大きいチケットが郵便で送られてきました。スマホと比べると相当大きいことが分かると思います↓

ジュマンジ2 IMAX3D

会場はエキスポシティの109シネマズ。
エキスポシティのIMAXシアターのすごさは、以前『ダンケルク』の記事で書いたとおり。日本最大のスクリーンで映画が観られます。

大阪エキスポシティのIMAXシアターをめぐる戦い『ダンケルク』

今回は、IMAXかつ3D(メガネ付き)なので、本来は大人一人2800円するところ、無料で観ることが出来ました。

ジュマンジ2 エキスポシティ

 試写会でまず映画が始まって驚いたのが、他の映画の予告がなく、すぐに映画本編がはじまったこと。「映画泥棒」のくだりさえありませんでした。

(ちなみにIMAX3Dのデモ映像だけはあったので、そこは十分に堪能できました)

 

試写会の客層をみると、以外と女性の主婦らしき人が多いことにもびっくり。
その他には学生もかなり多い印象。
"映画評論家"っぽい風貌の人はほとんどいないのが以外でした。(あくまで推測ですが)

「公開日前に映画を観る」 という経験は飛行機や外国ぐらいでしかありませんが、こうやって本物の映画館で観られるのは不思議な感覚ですね。。
また別の試写会にもチャレンジしてみたいと思います。

閑話休題でそろそろ映画の話へ。

やはり日本最大の縦横に大きく広がるスクリーンは段違いです
『ダンケルク』のように縦に広がるシーンはありませんでしたが、それでもIMAXの魅力を十分に伝えきれていたと思います。

アイマックス3D、もちろん映像もすごいのですが、何よりも音響が凄いです!

『ジュマンジ』シリーズといえば、あの重低音の「ドンドンドンドン」という民族的な太鼓が印象的なのですが、あれが12.1chのサラウンドで響きわたります。
ジュースの蓋がブルブル震えるほど。

 

映画の内容も、前作の流れを大切にした、非常に楽しい映画でした。
・・あのパリッシュ一家のエピソードもちらりと出てきます。
よりハチャメチャ度があがっています。
恋愛要素やお笑い要素もましまし。
(「キメ顔」のくだりは他の観客もかなりうけてました)

ネタバレになるのであまり深くは触れませんが、4人の学生が「ジュマンジ」というゲームの中に吸い込まれ、ゲーム内のキャラクターになるというベタな設定。
豪華なCGもあいまって、この設定が効果的に映画を前に進めていました。
・オタク(ナード)の男の子 → ムキムキのマッチョに変身
・体育会系男子 → 黒人武器運び屋に
・地味系女子 → 格闘技もできるモテ女
・モテ女 → 太った動物学者に

それぞれ日常とは全く逆の属性になるところが面白いですね。

 それぞれ得意な「スキル」や「弱点」があり、それを活かしつつ、ゲームのクリア=脱出を目指します。(ケーキが弱点とか意味不明なものもあります笑)

能力が意外な形で役立ったり、弱点がまさかのところで浮き彫りになってしまったり。
そこは観てのお楽しみ。

今回の『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の収穫として、アレックス役のニックジョナスという俳優さん、初めて知りましたが、役も相まってめちゃかっこよかったです。(ゲイ受けも良さそうな体格でした)

この映画、アメリカ本国でも相当ヒットしているようです。
日本でも、若者を中心にウケるるポテンシャルは十分にある内容だと思うので、アクション映画に目がない方、ジュマンジシリーズを見てきた方は必見の一作。

エンディングでは、あのガンズアンドローゼズの名曲「Welcome to Jungle」が流れたのが印象的でした。

【ぜひエキスポシティで】

迫力満点の映画なので、関西におられる方はぜひエキスポシティのIMAXシアターで観てみることをおすすめします。
友達や同僚とも気軽に観にいって損はない一作でしょう。

ジュマンジ (字幕版)

ジュマンジ (字幕版)

2018年にやりたいことリストを書いてみた【新年の抱負】

【新年の目標】

あけましておめでとうございます。ついに2018年が始まりました!
みなさん、正月はいかがお過ごしでしょうか?
やはり新年の明けには今年の抱負を書くべきだと思い、
一発目の記事は「2018年のやりたいことリスト」を書こうと思います。

【バケットリスト】死ぬまでにやりたいことリスト100【随時更新】

【バケットリストまとめ】

やりたいことリスト100」の記事にバケットリストはまとめているのですが、

特に「2018年に絶対やりたい!」という抱負をまとめてみました。

DTMをはじめる

このブログ記事の音楽カテゴリをみていただけるとわかるように、今まで「聴く」こと一辺倒だった僕の音楽ライフ。
今年はなにかしら音楽を「演奏する」に挑戦してみたいと思います。
そこで目をつけたのが、DTM、つまりパソコンで作る音楽。
全くの初心者なので、いい曲を作れるかはわかりませんが、なにかしらを形にしてみます。

とりあえずMIDIキーボード買わなきゃ、ですね。
くわしい方おられたら、コメントやアドバイスをいただけると幸いです。

 

ボクシングをはじめる

2017年は大きな目標であった「フルマラソンをサブ3.5で走る」を達成しました。
ブラジリアン柔術もある程度頑張れたので、
今年は男らしくボクシングをはじめようと思います。
村田亮太があまりにかっこよかったですからね・・。

年末のRIZINも打撃が目立つような試合が多く、刺激を受けました。

 

五感を鍛える

以前からいくつか記事も書いてきた「五感を鍛える」シリーズ。
いろいろ模索しながら、知識・体験を増やし、さらに五感を鍛えたいと思います。
特に「嗅覚」に注力したいと思ってます。
ワインに関する記事も書いていきたいですね。

ワインソムリエの嗅覚の鍛え方:『言葉にして伝える技術』

~自然が最高の脳をつくる~『Nature Fix』書評

 

鍼灸を受けてみる

昔から「こわいものみたさ」的興味がある"鍼灸"。
マラソン後の疲労が溜まった状態で受けようと思ったのですが、気軽に受けられそうなところがなく、去年は断念。
今年こそ鍼、受けてみたいと思います。
たぶんこの年代で受けたことがある人も少ないと思うので、良い話のネタになるかと。

 

お洒落なオイスターバーで牡蠣を食べる

牡蠣がおいしいシーズンになってきました。
食中毒がこわいですが、思い切って氷の上に牡蠣が並んでいるようなお洒落なオイスターバーで牡蠣を食べようと思います。 

 

ポッドキャストをはじめる

以前から宣言していたPodcast。
いまだに開始していませんが、今年こそはPodcastでの配信を始めたいと思います。
個人的に気になったニュースまとめ、のような形から始めたいですね。

 ポッドキャストはじめました!!

世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

世界のねじを巻くラジオ【ゲイのねじまきラジオ】

  • ねじまきラジオ
  • セクシャリティ
  • ¥0

 

新宿二丁目に行ってみる

2018年はLGBTシーンもさらに活気をみせるはず。
ゲイといいつつも、恥ずかしながらいまだに新宿二丁目には一度も行ったことがありません。
東京にライブを見に行ったあとにでも、訪れてみたいと思います。
どなたか二丁目につきあってくれる方おられましたら、いつでも連絡ください!笑

【ねじまきブログをよろしくお願いします】

みなさんも今年の抱負を「やりたいことリスト」としてまとめてみてはいかがでしょうか?

話は変わりますが、はてなブログをはじめて1年半以上経つなか、まだまだ書きたいことは尽きません。
少しでもみなさんの心に残る記事を残していきたいと思う今日この頃。
2018年も「ねじまきブログ」をよろしくおねがいします!

今週のお題「2018年の抱負」

セーラーの万年筆を愛用して感じたメリット・デメリット

【長所や短所】

ボーナスで購入したセイラーの万年筆が、愛用してから丸二年経ちました。
せっかくなので、2年使い続けて感じた万年筆の長所・短所を書いていきたいと思います。
「死ぬまでにやりたいことリスト」にも書いていた、「万年筆を愛用する」という項目。これも無事達成といえるでしょう。

「高いのになぜわざわざ万年筆を使うのか」と疑問に思う方にもぜひ読んで欲しいと思います。

【利点・おすすめする理由】

まずは「なぜ万年筆を使うのか」という問いに答えるべく、利点から書いていきたいと思います。

書き心地

まず挙げたいのは、圧倒的な書き心地。
毛細血管現象により紙にインクがスーーっとなじみます。
字を書くとき、ペン先の装飾がすいすい移動していくと、なんともいえない至福を感じられます。
これは万年筆にしかないあじわいですね。
 

おしゃれ・かっこいい

万年筆を買う人は、これを目当てに買う人も多いのではないでしょうか。
一万円を越える万年筆は、さすがにつくりがしっかりしています。
細身のものから、シックな色のものまで、多種多様な万年筆がありますが、
個人的にはどっしりとした重厚感がある万年筆が好きです。
 スーツのポケットから金の留め金をちらりと覗かせると、
いいアクセントになります。

f:id:popmusik3141:20171210172528p:plain

 
上司や取引先との話題にできる
やはり万年筆ユーザーは若者よりも、50~70歳周辺の世代に多いです。
歳が離れている部長・課長も、根強く使い続けている人は意外と存在します。
課長のデスクに行ったとき、万年筆を話題に出せば、熱く語りあうことができるかもしれません。 
他にも、普段あまり話すことのない祖父とも意外な盛り上がりをしたこともあります。
 
若い世代でも普段見慣れないものなので、興味をもってくれる友人も少なくありません。
どうせイイ物を買うならボールペンでなく、万年筆を買いましょう。
 
ランニングコストが安い
大切に使えば、文字通り「万年」使える文房具。
まあさすがに一万年間使える人はいないかと思いますが、
十年ぐらいはへっちゃらでしょう。(タイトル通りねじまきは所有歴二年目です)
 
消耗品であるインク自体も、一瓶買ってしまえば、なんだかんだしばらくは持ちますし、ランニングコストはボールペンの芯よりも安いです。
 
また、経験したことがある方は多いと思いますが、
ボールペンの芯のように、詰まって書けなくなってしまうということがありません。
 
さらに、高価なものなので、さすがに紛失してしまうということが起こりにくいです。
 
自分の書き癖になじんでくる
万年筆は長い間使い続けていると、ペン先が自分の書き癖にあわせてすり減り、自分の書き癖になじむようになる、と言われます。
 
僕も買った当時は「ほんまかいな」と疑っていましたが、比べてみるとあきらかに新品とは違う書き心地。
書き心地の変化も、万年筆の楽しみのひとつと言えるでしょう。
 
筆記体が書きやすい

 ボールペンが生まれる前に発案された筆記体。
なんとなく予想できると思いますが、筆記体を書くには、万年筆が最適なのです。

ペン先を軽く紙にあてながら、スーッ、スッ、と書いてく心地はたまりません。

筆記体をすらすら書けるかたは、ぜひ万年筆にトライしてみてください。

ここで豆知識ですが、
万年筆、英語ではFountain Pen(ファウンテン・ペン)と呼ばれ、
噴水ペン」、つまりインクが湧き出てくるという考え方なわけです。
興味深いですね。

 

短所・デメリット

ここで、万年筆の悪い部分をあげていきましょう。

メンテナンスが必要
 僕自身、それほど豆なタイプではないので、たまにしか手入れはしないのですが、
インクの交換は少し手間がかかります。
この手間さえ楽しむのが万年筆の醍醐味だとは思うのですが。
 
くるくるノブを回してインクを吸い上げる気持ちよさを、一度は味わって頂きたいです。
 こういう「手間をかけて楽しむ」ところはレコード・プレーヤーと似ているかもしれませんね。
 
初期費用がかかる
やはり多くのの方が気にするのはこの部分。
100円でスラスラ書けるボールペンがある中、筆記体に一万円以上お金をかけられる人は少ないでしょう。万年筆ユーザーながら、ものすごくわかります・・。
「一生使える」と思えば、このぐらいの初期投資は仕方がない、と割り切りましょう。
 
デリケート
自分は経験したことがないのですが、
使うインクの相性によってはインクが詰まったりすることがあるようです。
 
固い床に落とすと、ペン先が使い物にならなくなったり、インクが出にくくなったりもします。
 
またインク、特に染料インクは水に弱く
雨のしずくがちょっとかかっただけでもにじんでしまいます。
この辺は油性ボールペンに軍配が上がりますね。
 
 
宇宙・無重力状態では書けない
ボールペンに比べ劣る点として、「宇宙空間では書けなくなってしまう」ということも挙げられます。。
まあこの難点が引っかかる一般人は、現代ではまずいないと思います笑
 
ただ飛行機に持ち込むと、
気圧の関係でインクが漏れてしまうことがたまにあるようです。
 

【初心者にもおすすめの一本】

最後に、個人的におすすめの万年筆をいくつか紹介したいと思います。

LAMY/ラミー サファリ 
ドイツの筆記用具メーカー、ラミーの万年筆。
一度は目にしたことがある方も多いかと思います。
さすがに一万円台の万年筆にはかないませんが、独特のデザインがとてもキュート。
2500円もしないのに、書きやすさも十分に味わえます。
 
コクーン / パイロット
日本を代表する筆記用具メーカー、PILOTの万年筆。
価格がお手頃なのにもかかわらず、ずっしりとした重量感があり、さらさらという書き味を味わえます。デザインも高級万年筆に劣りません。
 
セーラー/ プロフィットスタンダード21
日本を代表する万年筆メーカー、セーラー。
僕が2年間愛用した万年筆です。
ペン先には21金が使われており、柔らかい書き味で、これぞ万年筆、という定番の一本。
錨のマークが渋すぎます。
「金ペン」、一度は使って頂きたい逸品です。
 
梅田の丸善で、細字か中細字にしようかさんざん迷っていたころが懐かしいです。
f:id:popmusik3141:20171210171632j:plain

【プレゼントや旅行のお土産にも】

手書きで文章を書くのが好きという方や、
長く使えるモノを所有したい、という方は万年筆は必携でしょう。
 現代においても万年筆を所用する喜びというのは、決して失われたわけではありません。
あなたもぜひ、一生使える相棒を携えてみてはいかがでしょうか。
友人へのプレゼントとしてもおすすめです。 

ブログが累計365記事を越えて感じたことや継続できたコツ

【一年間分書いた感想】

2016年4月にこのブログを始め、約1年8ヶ月かけて 365日分記事を書くことができました。

これでようやく「死ぬまでにやりたいことリスト100」の"ブログ記事を合計365件を書いてみる"という項目を無事達成!
普段からこのブログを読んでくださる方、本当にありがとうございます。

まあ一年分更新したからどうなる、というわけではないのですが、
せっかくの機会なので、今の感想やブログを続けるコツ、運営の振り返りをまとめてみたいと思います。

【メリット・デメリット】

さっそく、ブログをやってきて感じた、長所・短所から書いていこうと思います。

●良かったこと

誰かが読んでくれることの素晴らしさ

 僕は昔からEvernoteやメモ帳に映画や音楽、本の感想をまとめていたりしたのですが、「どうせならブログに書いた方がいいのでは?」と思い、ブログをはじめました。

例えば、洋楽でも深く語れる友人は限られており、ブログだから書けることもたくさんあります。
自分が書いた記事が、音楽好きだと思われる方にツイッターで紹介されたりすると、「わかる人は理解してくれるんだ!」という感じでちょっと嬉しくなります。

音質の良いサウンドチェック向け洋楽アルバム10選

 

書くことで新しい視点を得られる

とくに映画・音楽レビューや書評記事を書いて思うのですが、
今まで気がつかなかった魅力にハッとさせられることがたびたびあります。

「他人にどうこのCDの魅力を伝えるか」、と意識することで、自分では知らない間に感じていたことを言葉に表現できた経験が幾度となくありました。

昔はシンプルに「すげーきれい」「かっこよかった」とかのレベルだったのに、今ではそれなりに自分の尺度で物事を伝えることが出来るようになりました。

自分のやりたいようにできる

会社だと決められた仕事しかできませんが、ブログは一から百まで自分のやりたいように出来るのが最大の魅力ではないでしょうか。
企画から記事ネタ調達、執筆、広報・・等々あらゆることが自分の中で完結できます。

また、普段自分の生活で感じたこと・学んだこと・疑問に思ったことを表現するだけでなく、ブログで得たことを自分の人生に活かすことも出来ます。

 

●短所

時間がかかる

3000字を超えるようなしっかりした記事を書こうとすると、1記事に数時間はかかってしまいます。
この間に何か別のことをしていれば、とはたまに思いますが、趣味に対してそういうことを言い出すのはナンセンスですね笑

 

他人に言えない趣味になる

実名を公開してやっておられるブロガーなら特に問題ないと思いますが、他人に自分のブログを教えている方は少ないでしょう。
僕自身も匿名で書いており、親密な友人にしかこのブログの存在は教えていません。
(・・・おーい、○○見てる??)
しかもゲイということをオープンにしているため、カミングアウトしていない知人に知られのはムズムズします。

またブログとなるとどうしても個人的な意見を書く場面が多く、恥ずかしい投稿もたくさん出てくるので、かなり仲の良い友人にしか言えない趣味となることは間違いないでしょう。

カミングアウトデーなので、ブログでカムアウトしてみる

 

【ネタ切れを防ぐ方法】

次に、ブロガーが陥りがちな「ブログのネタ切れ」。ブログを続けるために、ネタ切れ防止の手法を書きたいと思います。

とりあえずメモる&下書き保存

「あ!」と何か思いついたらメモやEvernoteに思ったことをとりあえず書き溜めます
そしてある程度形になりそうだと思ったら、はてなブログで見出しをつけて下書き保存。気が向いた時に書き足し肉付けし、記事が完成します。

そのため、下書きフォルダには見出しだけが書かれたものを含め、100以上の記事ネタが眠っています。(これらのネタが日の目をみるかどうかはわかりませんが・・)

記事を立ち上げたら、いっぺんに書き終える方は多いと思うのですが、
僕は気が向いた時に少しずつ書いて積み上げていくスタイルで書いてます。 

もともとエバーノートに思ったことをまとめる(というか書き溜める)習慣があったので、ブログ記事を書くのはそれほど苦労はしませんでした。

新しいことを始める

何か新しいことを始めれば、書くのに困ることはありません。
趣味でも、習慣でも、何でもよし。新しい映画を見に行くのもいいでしょう。

何か新しいことをはじめるにあたり、このブログでもよく取り上げる「やりたいことリスト」、ほんとにおすすめです。
やりたいことをリスト化しておけば、忘れ去られることもありません。

このバケットリストのおかげで岩盤浴やラフティング、あこがれのU2のコンサートまで行くことができました。

何か新しいことをはじめた方は、他人に見られることを意識せず趣味の経過をまとめるつもりでブログを書くのもありかもしれません。
昔の記事を見てたら、そういえば筆記体も練習してました。

筆記体を学ぶべき7つの理由【メリット・コツ】

 

普段の何気ない事に気づく

 上で書いた「とりあえずメモる」とかぶる部分ではありますが、普段の何気ない日常のなかにもブログネタは山ほどあるんですよ、ということ。
わざわざ何かをしなくても、実は書くべきことはたくさんあるかもしれません。
このように電車の中でふと思いついたことから生まれた記事もいくつもあります。


走る

ランニングをすると頭が冴えるし、自然と気持ちも前向きになります。
走りながら色んなことに考えを巡らせていると、PCの前で考えるだけでは出てこない視点で物事を見ることができます。
ちょうどよいランニングの季節になったので、ブロガーの方は走り始めてみてはいかがでしょうか? (僕は明日神戸マラソン出場です。)

5000km走った僕が語る、ランニングを続ける7つの極意 

 

くだらないことを書く

慣れないうちは、くだらないことやTwitterレベルのつぶやきでもいいと思います。
僕も、始めは好きなYoutubeの動画を貼り付けて、少し感想を書くレベルの記事を連発していました。
"あくまでブログは書きたいことを書ける場所"、というのをモットーに更新していきましょう。

自分の個性を振り返る

ブログには、医者の方からニートの方、トランスジェンダー、主婦、投資家など様々な方がおられます。

「普通の人」なんて世の中にはいない、というのが僕のモットーで、誰しも何かの属性を持っています。
僕自身はゲイ・サラリーマン・ランナー・ゆとり世代・関西人・・ということが特徴。せっかくなら自分の個性・強みを前面に活かして、記事を書くと記事ネタにも困りません。

ゆとりが黒澤明監督の『七人の侍』再上映を観た感想

【はてなブログはおすすめ】

いかがだったでしょうか?
365記事を書いてみて、「人生変わった」とまではいいませんが、、多少なりとも自分の考え方や生き方に影響があったことは間違いありません。 

まだブログをはじめてない方も、年内にブログを始めて、新しい一年にしてみてはいかがでしょうか?

僕もこのはてなブログをやる中で、色んな方の記事を読んで刺激を受けています。
実際に一人だけしかお会いしたことがないので、他のブロガーの方とも、もう少し交流してみたいですね。オフ会はまだ参加したことがないので一度は出てみたいな。

ブログだけでなく、ツイッターでもたまにつぶやいていますので、
気軽に@joshuatree3141をフォローしてみてください。

何だかんだで365記事書きましたが、これからもまだまだ更新を続けたいと思います。
今後も「世界のねじを巻くブログ」をよろしくお願いします。

スポンサーリンク